カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 気になる子どものアレルギー!卵アレルギーかな?と思ったら…

アレルギー

気になる子どものアレルギー!卵アレルギーかな?と思ったら…

卵アレルギーを発症するのは、ほとんどが乳幼児のときです。

乳幼児のときは、離乳食や母乳、その他の口に入れるものはすべて親に任せられ、親が管理しています。

つまり食の監督者である親が正しい知識を持っていることが、子どものアレルギー疾患においては重要なのです。

 

卵アレルギーかな?と思っても

乳幼児期のアレルギー発症に卵アレルギーは多いのですが、他にも牛乳や小麦などの可能性があります。

時々あるのは思い込みで、「卵を食べたら体調が悪くなった」と信じてしまう場合です。

 

他の食べ物を摂取しているにも関わらず、「卵アレルギーだ」と断定してしまうと、病院の診断にも影響が出ますし、何より子どもの状態を悪化させます。

 

いざアレルギー症状が出たというときに、冷静に対処するためには日々、その日に食べたものを正確に記録し、そのときに出た症状を言葉にして記録するということも一つの方法です。

 

何か変だなと思ったら…

食事をさせていても、何かいつもと様子が違うなと思ったらすぐに食べるのをやめさせましょう。

 

じんましんなどが出たら…

じんましんなど本格的な症状が出たら、できるだけそれが消えない内に病院に行きましょう。

後で口で説明するよりも、医師に直接見てもらった方が確かな診断が行えます。

 

乳幼児期に出る食物アレルギーとして圧倒的に多いのが卵アレルギーですが、その思い込みで適切な判断を失ってはいけません。

病院でのアレルギー判断は親が話せるその時の状況も、判断材料の一つになりますから、冷静に対応できるようにしましょう。  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/04/08-377582.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

対処法・応急処置に関する記事

食物アレルギーで怖いアナフィラキシー症状 どうしたらいい?

   食物アレルギーはアレルギーの原因となる食物(アレルゲン)が食事によって体...

アレルギーが出たときをシミュレーションしてみよう

  卵アレルギーが出ると分かっている場合、家庭では、普段の食事から卵を完全除去...


なかなか治らないアレルギー、どうやって向き合えばよいのか?

        アレルギーという疾患は、医学的な進歩に伴い、適切な対応さえ行え...

アレルギーの治療に使われるステロイドは、体に悪いって本当?

   アレルギーや花粉症、アトピー性皮膚炎に気管支喘息、局所の炎症や全身の炎症...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る