カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 卵アレルギーと魚卵

アレルギー

卵アレルギーと魚卵

 

卵アレルギーというと一般的には鶏卵を指します。卵アレルギーという言葉を改めて考えてみると、様々な疑問がわいてくるのではないでしょうか?

 

鶏卵のアレルギーということは、鶏肉は摂取して大丈夫?

卵アレルギーになったら、鶏肉の摂取も控えるようにと病院で言われたことがある人も中にはいるかもしれません。鶏肉についてですが、鶏肉を摂取してよいとも悪いとも言えません。

 

というのは、アレルギーというのは、ある食品の中に含まれる特定の物質に反応して起きるものなのですが、それが卵だけに含まれている場合は、鶏肉を摂取してよいのですが、鶏肉と共通する物質の場合は鶏肉の摂取でアレルギー反応が出ます。

 

ただ、現在臨床の場では、鶏肉が卵とは別のものと考えられ、鶏卵がダメだからと言って鶏肉を摂取制限させることはあまりないようです。(医師によっても判断はわかれます)

 

いくら、たらこ、かずのこは…?

卵アレルギーという名称なのですから、魚卵はどうなのでしょう?これらも鶏卵とは別のものとして考えられていますので、鶏卵にアレルギーがあったからと言って、魚卵まで除去する必要はありません。

 

またいくらや、たらこといった魚卵の種類の間でも共通性はなく、それぞれ別のものとして扱われます。ただし気をつけたいのは、いくらやたらこなどの魚卵もアレルギーの原因として上位に入るということです。とくにいくらは症状が出たときに重篤な状態になりやすい食品です。

 

いずれにせよ、血液検査によってどの物質に対してアレルギー反応を引き起こすかなどがわかります。それに鶏肉など他の物質が含まれていれば摂取を控えなければなりませんが、一辺倒に卵アレルギーだから鶏肉も魚卵もダメなんだ、と思い込んではいけません。

(Photo by: [//www.ashinari.com)/]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵に関する記事

離乳食を遅らせてはダメ?

  卵アレルギーの発症が離乳食期に多いと知ると、離乳食を始めるのが怖いですよね...

卵アレルギーの子どもの食事療法の基本と除去食品

   卵をはじめとした食物アレルギーの食事療法の原則は、あくまでも「必要最小限...


アレルゲンとしての卵、特徴と除去の仕方

     乳幼児の食物アレルギーの70%以上は卵が原因だと言われています。 ...

卵アレルギーの患者が食べられる「安心な卵」などない

      ここ最近、「アレルギー患者が食べられる」というキャッチコピーで、...

カラダノートひろば

卵の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る