カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 乳児 >
  6. 離乳食を遅らせてはダメ?

アレルギー

離乳食を遅らせてはダメ?

 

卵アレルギーの発症が離乳食期に多いと知ると、離乳食を始めるのが怖いですよね。両親にアレルギーがあったりすると尚、離乳食の開始を嫌に思ってします。そうはいってもずっと母乳だけで育ていけるはずもないのですから、結局は離乳食を開始するのですが、その躊躇はあまり赤ちゃんによろしくありません。

 

 

遅らせる意味がない

離乳食は通常56ヶ月で開始します。離乳食を開始するのは、それまでに母乳でしっかりと発達した消化器系の機能を正しく使う練習をするためです。卵アレルギーが心配と言っても、そのまま食べさせないで一生をすごすわけでもないですし、離乳食の基本はおかゆなどの炭水化物や野菜などですから、開始自体を遅らせることに意味はありません

 

むしろ発達の過程では離乳食重要

先述したように離乳食は赤ちゃんにとっての練習です。発達してきた機能をきちんと使う練習でもありますし、これからいろいろなものを食べるための練習でもあります。そして、成長のために必要ないろいろな栄養を摂取することも重要です。これができないとそれこそ栄養失調になりかねません。

 

遅い方がダメという意見も

中にはアレルギー物質を与えるのが遅い方が、アレルギー反応が出やすいという意見もあります。だからとって、早い時期に無理に食べさせる必要はありませんが、遅れさせることにメリットはありません。

 

 

以前は、あらかじめ卵を与えなければ卵アレルギーの反応が出ないからそれでいいという流れもあったようですが、赤ちゃんの発達の段階を考えると、いろいろなものをバランスよく、適切な時期に、適切な方法で与えることが何よりも大切なようです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/17-006601.php?category=51])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳児に関する記事

子どもの食物アレルギー 第一位はやはり「卵」アレルギー

    食物アレルギーとは、特定の食物を摂取した時に、人体の免疫反応により、何...

赤ちゃんの食物アレルギーと母乳との関係は?出やすい症状・症状が出たらどうする?

赤ちゃんの食物アレルギーは、年中・年長の子とは異なる特徴があります。 どん...


卵アレルギーと向き合うには正しい知識が必要

    人にとって食事とは生きるために必要なエネルギーを得るための重要な手段で...

乳幼児がかかりやすい卵アレルギーの原因・症状って?アレルギーの治療法

乳幼児が卵アレルギーになりやすいというのはご存知でしょうか。乳幼児の食物アレ...

カラダノートひろば

乳児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る