カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. お肌のトラブルを足つぼで解消してみませんか?マッサージを受けてはいけない場合って?肌の調子と女性ホルモンの密接な関係とは?オイリー肌ケアに大事なのは..

美容・ダイエット

お肌のトラブルを足つぼで解消してみませんか?マッサージを受けてはいけない場合って?肌の調子と女性ホルモンの密接な関係とは?オイリー肌ケアに大事なのは..

 

お肌トラブル発生!!

足つぼマッサージで内側からケア

 紫外線が強いこの季節は、お肌も疲れ気味で、化粧ののりが悪かったり、そばかすができたり、何かと肌荒れがきがかりではありませんか? さらに、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで胃腸の調子が悪いと、お肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

 

 そんな時は、お風呂上がりに化粧水や乳液でお肌の手入れをするついでに、美肌効果の期待できる足つぼもマッサージしてみてください!

 

お肌トラブルには胃のツボと副腎のツボ

 

 

 

足の裏にあるツボの中で、肌荒れに関係があるのは、胃のツボと副腎のツボになります。

 

 胃のツボは、胃腸の不調からくる肌荒れに効果があるのはもちろん、胃腸の調子を整えることで、元気な皮膚を作るのに必要な栄養素を効率よく取り込めるようにします。

 

 また、副腎のツボは、ホルモンバランスを整えることで、健康的なお肌を取り戻してくれます。また、副腎が分泌する副腎皮質ホルモンには、お肌に潤いを与えてくれる効果があります。

 

 胃に関係するツボは、親指の下、つちふまずのへこみの上半分になります。ここに、胃、膵臓、十二指腸という消化器系のツボが集まっていますので、つの臓器をイメージして上から順番に3ヶ所を点で抑えていくか、上から下へ流すように刺激してください。痛いのが苦手な方は親指の腹を、強い刺激がお好きな場合は指の関節を使うとよいでしょう。

 

 副腎のツボは、東洋医学では“勇泉”とも言い、土踏まずの少し上、足の指を曲げた時にくぼみができる位置になります。両手の親指を重ねて、1~2分間、じっくり押し揉むようにしましょう。両手だと痛すぎると感じる人は、片手だけでもかまいません。

 

お肌に優しい生活も忘れずに!

 ただ、きれいなお肌を保つには、バランスの良い食事と規則正しい生活が大切です。夏バテに負けない体にするためにも、ぜひ健康的な生活をしてくださいね。

 

 

ストップ乾燥!ツボ押しで改善!?

紫外線や年齢を重ねるごとに気になってくるのが、お肌の乾燥です。

乾燥すると皮脂が多く分泌されてしまい、吹き出物や肌荒れの原因にもなってしまいます。

そんなお肌の乾燥を改善させるには、絲竹空(しちくくう)というのツボ押しが効果的です。

絲竹空は眉毛の両外端の延長線上をなぞっていくと、見当たるくぼみで、そこを親指の腹でゆっくりと押してやりましょう。

 

絲竹空のツボ押し効果

顔にある絲竹空のツボを押すことによって、刺激を与え気を運び局所的な血流をアップさせることができます。

顔のコリをほぐし血流を潤滑にすることによって、ちょっとしたことで汗をかくようになり、顔の新陳代謝が活発になります。

顔の血流アップから、新陳代謝のアップへ、そしてそれによって顔色も良くなり保湿感も感じられるようになって、シワも目立たなくなってくるのです。

また絲竹空のツボ押しは、目の疲れや頭痛にも効果があります。

長時間のパソコン作業で目が疲れたり頭痛を感じたりした時に押してやると、気分がスッキリするので試してみましょう。

 

効果的なツボ押し

ツボ押しの効果を得るには、時間がかかります。

一度やっただけでは十分な効果は得られませんし、かといって一度に沢山の回数を行ったり強く押しすぎたりしてもいけません。

気がついたときに数回、適度な強さで行うようにしましょう。

 

また、継続して行うことが最も効果を実感することができるので、根気強く続けられるのようにしましょう。

 

 

マッサージを受けてはいけない場合って?

■気持ちがいい。それでも…

 

全身のマッサージでも足裏のマッサージでも、受けてはいけない、控えたほうがいい場合もあります。

 

・酔っている時

マッサージを行うと、血行が促進されますので、お酒を飲んでいる場合だと酔いが回りやすかったり、早く酔いが回ってしまい気分が悪くなる場合があります。

 

・発熱している時

血行が促進されることで、熱がさらに上がる場合があります。

また、発熱の原因が炎症などの場合は、炎症が広がってしまう場合もありますので、マッサージを受けることは控えるようにしてください。

 

・捻挫や怪我をしている時

傷口を広げてしまったり炎症がひろがったりしてしまう可能性がありますので、マッサージは控えてください。

 

・出血している時

これも、血行が促進されることで出血量が一時的に増える場合があります。

内出血・外出血を問わずにマッサージを控えるようにしてください。

 

・水虫などの場合

これは特に足裏マッサージの場合に注意が必要です。水虫は白癬菌という最近が原因で発症する皮膚病です。感染の可能性がありますので気をつけてください。

 

・病院にかかっている場合

症状によってはお医者様からNGが出る場合があります。

マッサージを受ける前に、かかりつけのお医者様にご相談されることをおすすめいたします。

 

 

リラックスや体の調子を整えるために受けるマッサージですが、本当に調子が悪い時は逆効果になることも。注意するようにしてくださいね。

 

 

肌の調子と女性ホルモンの密接な関係

肌と女性ホルモンの関係

肌と女性ホルモンは密接に関係しています。生理前になるとニキビができやすいという症状や、肌荒れを起こしやすいといった症状がこれに当てはまります。それではなぜ、肌は女性ホルモンの影響を受けてしまうのでしょうか?

 

女性ホルモンのエストロゲン

女性ホルモンにはエストロゲンと呼ばれる成分があります。このエストロゲンは女性ホルモンの重要な成分であり、女性が女性らしくあるために必要な成分です。

思春期に胸が膨らんできたり女性らしい体つきになったりしますが、この体の変化に重要な役割をしているのがエストロゲンなのです。またエストロゲンは、肌のキメを整えたり皮脂の分泌を抑えたりする役割も果たしているため、女性ホルモンに重要なエストロゲンの変化によって肌の状態も変わってきてしまうというわけです。

 

女性ホルモンの変化に合わせた肌ケア

女性は生理などによって女性ホルモン量が変化します。そのため女性ホルモンの変化に合わせた肌ケアが必要となってくるのです。生理前はニキビができやすいという症状からもわかるように、生理前は皮脂が過剰に分泌されてしまいます。そのためしっかりと洗顔を行い、肌に皮脂を貯めておかないようにする必要があります。

生理になると今度は皮脂の分泌が抑えられるようになるので肌が乾燥します。ですから生理になったら保湿を十分に行ってあげることが大切になります。

生理が終わると肌の安定期に入ります。この期間は肌トラブルも少なく肌が良い状態であるため、この期間にスキンケアを徹底させ、次の生理前の肌トラブルに影響が少なくなるように肌改善をしておく必要があります。

 

女性ホルモンと密接に関わり、そのつど状態が変化してしまう肌。このホルモンとの関係は閉経を迎えるまでの長い付き合いとなりますので、その時その時の肌状態を見極めてケアを行っていくことが大切です。

 

 

オイリー肌ケアの忘れられがちなポイント「保湿」

オイリー肌で困っていて、オイリー肌について多少知識がある人には「皮脂を落としすぎてはいけないこと」「洗顔は肌を傷つけないように優しくすること」の2つは知られていることが多いようです。

そこでもう一つ大切なポイントを述べておきましょう。

 

それは「保湿」です。

 

・オイリードライ肌とは?

オイリー肌の人からすると、洗顔してさっぱりして気持ちがいい状態で、軽く化粧水や乳液をつけて終わりで何が悪いのか?元々油分が多いのだから、保湿をするとなんだかじっとりして不快。と、感じる人もいるようです。

しかし、気をつけてください。オイリー肌の人の中には、実は肌の中の水分は不足している(けれど目には見えない)といったオイリードライ肌の人がいます。

 

この肌は皮脂が多くて、水分が少ないという非常にアンバランスな状態ですので、トラブルを抱えやすい肌でもあります。

 

・見た目は乾燥していなくても保湿はしっかり!

見た目ではつるつるの肌に見えても、あたりまえですが、油分と水分は違います。洗顔後の肌が自分で油分を補えても、自分で水分を補うことはできません。そのため保湿はしっかりとしましょう。

化粧品は油分が少なめで、アルコールが少ないもの(アルコールが水分を逃がしてしまうため)を選ぶとよいでしょう。

 

 

オイリー肌に意外と忘れられがちな保湿です。見た目で乾燥していないからと言っても、それは本当に見た目だけの話です。保湿を怠るとオイリードライ肌に近づいていき、トラブルが増えていってしまいますので、オイリードライでなくても保湿ケアを大切にしていきましょう。

 

イラストby:如月紗夜

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

ヒルドイドが「乾燥症状を悪化させる」「界面活性剤の害がある」という説の真偽は?~保湿のための化粧品の使い方とは~

皮膚科でアトピーやその他の皮膚乾燥症状に処方してもらうことのできる保湿剤...

にきびの原因と対策!正しい洗顔方法で美肌を目指そう

  どこにできたニキビですか?  ニキビといってもできた場所によって、ホルモ...


メラニンを抑制*美白サプリの副作用には要注意!シミが濃くなるのは美白の証拠?

美白サプリとは肌の美白効果のある成分を有したサプリメントです。 美白と一言...

なんでもない皮膚がかゆい・・・皮膚掻痒症かもしれません!知覚過敏肌とは?敏感肌は保湿が重要

  皮膚に発疹ができているわけでもないのに、かゆみだけが起こる症状は、冬場...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る