カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 手首 >
  4. 対処法 >
  5. スマホ登場で増加中? 腱鞘炎の痛みを和らげるツボ

関節痛・腰痛

スマホ登場で増加中? 腱鞘炎の痛みを和らげるツボ

この痛み腱鞘炎!?

感じ始めに足つぼでセルフケア

 パソコンを長時間使っていたら、親指を動かした時に、その下にある手首の骨の出っ張った辺りが痛くなってしまったことはありませんか? それは、“腱鞘炎”の始まりです。“腱鞘炎”は、ゴルフやテニスのようなひじや手首を酷使するスポーツでもなったりします。

 

 ひどくなってしまったら、医師に相談するしかないのですが、『痛いかな?』程度の軽いうちは、足つぼマッサージで痛みを和らげることができるんですよ。

 

 

腱鞘炎には“ひじ関節”と“腎臓”がポイント

 “腱鞘炎”に関係する足つぼは、痛みが出ているひじ関節のツボと痛みの成分や疲労物質の排出を促す腎臓のツボです。

 

 ひじ関節のツボは、足の小指の付け根の下にある骨を目安に探します。その骨の下あたりがひじ関節のツボになります。右側が痛む時は右足のツボを、左側が痛む時は左足のツボを刺激します。親指の腹や指の関節でグリグリ押してもいいですが、もっと強い刺激が欲しい場合は、曲げた人差し指と中指の間で、足を側面からはさむようにして刺激すると、足が固定されるので、より強い刺激が入ります。手首の痛みがそれほどでもない時は弱めに、手首の痛みがやや強い時は強めに刺激するとよいでしょう。

 

 続いて、腎臓のツボは、人差し指と中指の間の下にある足裏のふくらみが交わる点から指1本ぐらい下がった場所です。腎臓のツボは、むくみや疲労などにも関係するため、痛いと感じる人がとても多い場所です。初めからいきなり強く押さないで、自分の好みの強さになるまでじっくり刺激を入れていくのがいいでしょう。

 

 

痛みがひどい時は医師に相談!

 ただし、“腱鞘炎”は筋肉を動かすための腱と腱を支えている腱鞘の間で起きている炎症です。痛みがひどくなったり、腫れが出てきたりした場合は、医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

 

イラストby:如月紗夜

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

手首が痛いのは肘のせい? 肘部管症候群かも?

手首や手に痛みやシビレがあるからと言って、その場所に問題があるとは限りません。...

ガマンしないで!育児中の手首の痛み…原因は?工夫や治療法もチェック!

赤ちゃんの世話に追われているママには、手首痛を感じている人も多いでしょう。 ...


手首痛に効果的な湿布使い分け法 症状に応じて使い分けよう!

  手首の腱鞘炎による痛みの対処法で、最も手軽なのは湿布の使用かもしれませ...

女性ホルモンを整えて腱鞘炎予防!ホルモンバランスを整える栄養素

腱鞘炎の発症に女性ホルモンが関係しているのを知っていますか?女性の腱鞘炎患者で...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る