カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 病院 >
  5. 検査・健診内容 >
  6. 医療用語がわからない!癌治療で医師と上手にコミュニケーション

ガン・悪性腫瘍

医療用語がわからない!癌治療で医師と上手にコミュニケーション

comyu.jpg

がん治療は自分だけの力で出来るものではありません。
医師を始めとした、専門知識と技術を持ったチームの力を借りる必要があります。

●医師の言葉がわからない?

医師が何気なく使った用語が全くわからず、治療方針を説明されても何が何だか、という方は意外と多いです。
医療用語の理解度をアストラゼネカ株式会社が調査したところによれば、医療従事者とのコミュニケーションがうまくいかないと感じた方は患者さんでは60%近く、その家族では60%を超えました。
多くの方が医療用語を理解できない、そのせいもあってコミュニケーションがうまく取れないと感じているようです。


●コミュニケーションがとれないとどうなるの?

医師やそのほかの医療従事者とのコミュニケーションが取れないと、治療上の問題も起こりえます。
患者さんとしては、上手に治療方針が理解できないので、不安になってしまうことも多いかもしれません。
がんを総合的な治療で治すことを考えた場合には、医師・医療従事者とのコミュニケーションは必須と言えるでしょう。




●医師とコミュニケーションをとるには

医師とコミュニケーションをとるために、まず行っておきたいのが質問するということです。
わからないことについては積極的に質問して構いません。
専門的な用語を使われた時には、一旦メモにとっておいて後で調べるのも良いですし、調べても話の中での意図がわからなかったら直接聞いても良いです。
質問は恥ずかしいと思ってしまう人が多いようですが、わからないことは「わからない」とまずこちらから言葉に出しましょう


(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/24-373379.php?category=11)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・健診内容に関する記事

医師の言葉を理解しよう!がん治療をうまく進めるために必要な事

がん治療の中で重要なことのひとつがコミュニケーションです。医療従事者やがん治療を...

癌と診断されてしまった!医師に聞いておくべき5つのポイント

癌と診断されたら癌と診断された時、冷静に受け止めることは難しいかもしれません。し...


患者の意向を考慮する!根拠をもった治療法「EBM」の重要性

  Evidence Based Medicineは目の前の患者さんにより...

本人の意向を尊重してがん治療を!医師とのコミュニケーション

がん治療では、患者さん本人の意思を尊重することが大切と言われています。実はこの『...

カラダノートひろば

検査・健診内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る