カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 風邪気味かも!? そんな夜は足つぼマッサージで回復力アップ

健康診断・健康管理

風邪気味かも!? そんな夜は足つぼマッサージで回復力アップ

のどの痛みや咳、風邪の初期症状に足つぼマッサージ

風邪は、夏風邪という言葉があるくらいですから、意外と季節を問わずかかってしまうものです。特に、のどの痛みや咳といった初期症状は、誰しも経験があるはず。

 

風邪は万病のもとと言いますから、軽く見てはいけませんが、あまり薬に頼るのも考えものだと思う方は、風邪の初期症状に関係した足つぼのマッサージで自己治癒力を高めてあげるのはいかがでしょうか?

 

 

風邪のひき始めには「肺・気管支・太陽神経叢」

風邪の初期症状であるのどの痛みや咳は、肺や気管支に関係があります。したがって、足つぼでも肺や気管支に関するツボを刺激します。さらに、内臓全体を支配している自律神経に関係している太陽神経叢を刺激して、抵抗力を高めることも効果的です。

 

肺に関係するツボは、人差し指から薬指の付け根から指1、2本ほど下に下がった辺りのかなり広い範囲を占めています。指の腹や指の関節でしっかりほぐしてください。

 

気管支に関係するツボは、親指と人差し指の間から足のふくらみに沿って下りていったラインになります。指の腹か指の関節で、気持ちいい程度に力を入れながら、上から下へ流すようにマッサージしていきます。のどの痛みはもちろん、咳にも効果的です。

 

最後に、太陽神経叢は、親指側のふくらみと残りの4本の指側のふくらみの交わる辺りにあります。ここは、健康だと思っている場合でも痛みを感じやすい場所ですので、いきなり強い力を入れず、息を吐きながらゆっくり押して、ゆっくり力を抜くのを数回繰り返してください。

 

湯ざめに注意して、早めの就寝を

足つぼマッサージはお風呂上りが一番効果的ですが、体を冷やすことは風邪のみならず、体調によくありません。くれぐれも湯ざめには気を付けて、早めに寝てくださいね。 

 

イラストby:如月紗夜

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

腓骨筋の引きつりに

 足の引きつりと言われるとふくらはぎを思い浮かべる人が多いかもしれません。その反...

足の原穴一覧

    足には陽経が3本、陰経が3本の計6本の経絡が流れています。   ...


足首捻挫に使うツボ

足首を捻挫してしまうと、いつまで経っても痛みや腫れが引かずに日常生活に不便を感じ...

肝臓にこのツボ!

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、病気などによって機能が低下しても自覚症状があらわ...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る