カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 生理でもないのに出血?不正出血が起きた場合にはこの病気を疑うべき!

女性のカラダの悩み

生理でもないのに出血?不正出血が起きた場合にはこの病気を疑うべき!

生理でもないのに出血があると少し驚いてしまうかもしれません。不正出血の多くは特に病気をしているわけではなく、ホルモンバランスが乱れていることから起こることが多いようですが、だからと言って、100%大丈夫というわけではありません。

 

不正出血で心配される病気

・子宮がん

・子宮筋腫

・子宮内膜症

・ポリープ

・子宮膣部びらん

・卵管がん

・卵巣がん

 

子宮がん

不正出血の原因として一番気にかかるのは子宮がんではないでしょうか。子宮がんの場合、がんと言われるまで病状が進んでいなくても出血が起きることがあります。

子宮がんというと、ワクチン接種の呼びかけがさかんになったこともあって、「子宮頸がん」の方が耳馴れているかもしれません。

 

しかし、子宮がんは「子宮頸がん」という子宮の入り口のがんと、「子宮体がん」という、赤ちゃんができたときに赤ちゃんが実際に育てられる部分のがんの2つにわけられます。

とくに子宮頸がんは10代~20代の若い女性が増加傾向にありますから、気にしたい病気です。

 

子宮筋腫

子宮筋腫は成人女性の4人に1人がかかるという程、多い病気です。不正出血の症状も見受けやすく、生理痛が重くて悩んでいる人が多いようです。

 

子宮内膜症

最近増えているのが子宮内膜症で、これは子宮の筋肉層に良性の腫瘍ができる病気です。これも生理痛の痛みを感じやすくなったり、経血の量や不正出血の量が、時間が過ぎるとともに多くなっていくことがあります。

 

また、ポリープなどができると、性交渉の後に出血をしていて気づくケースもあるのだそうです。

 

これらの病気にかかった場合、たいていは出血をしてから気づくものですし、不正出血があった段階である程度病気は進行している場合が多いです。できれば少しの不正出血でもはやめに病院で診断を受けた方がよいでしょう。

 

もし不正出血が続くようなら必ず病院で診察を受けましょう。特に卵巣がんなどは自覚症状がほとんどないとされていますから、あまり軽視せずに気にかけるようにしましょう。 

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●いったいなに?セックスのあとの気になる出血

●子宮がんのサイン?女性の6割以上が経験したことのある不正出血、生理との見分け方

(Photo by://www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

不正出血から考えられる病気、子宮膣部びらん・子宮筋腫・子宮頸管ポリープ見逃さないで

トイレでドキッとしてしまう不正出血。心配いらない不正出血と、気にした方がいい...

生理はどれくらい長引いたら危ないの?生理が終わらない原因とは

あなたの生理期間は何日でしょうか? 経血が出ている期間では、4、5日が多いよう...


卵巣から血が出た!卵巣出血はどうして起こる?出血時の対処法

排卵はなくてはならないものですが、その排卵の際に卵巣から出血していることを知っ...

これは生理?着床出血?予定日前に早まる出血は「着床出血」かも?!

生理予定日の数日前に出血があり、生理が少し早めに来てしまったのかと勘違いをさ...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る