カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. その他 >
  7. 心臓病三大リスクのうち、最も危険な糖尿病!そのリスクとは?

生活習慣病

心臓病三大リスクのうち、最も危険な糖尿病!そのリスクとは?

 

糖尿病が原因となって起こる心疾患。

心臓病の三大リスクである高血圧・脂質異常・糖尿病のうち、最も危険な因子だとされています。

 

高血糖でおきる動脈硬化

糖尿病の病状である「高血糖」という状態は、血管の細胞、とくに血液が流れている部分に接する内皮細胞を壊します

これによって全身で動脈硬化が進みますが、当然心臓の冠動脈にも同様の状態が生じます。

これが狭心症や心筋梗塞を引き起こすのです。

 

肥満や喫煙でリスクアップ

血圧やコレステロール値を下げても、血糖値が高いと動脈硬化は進みます。

また、肥満が心臓に与える負担もあります。

喫煙や過度の飲酒が加わると、血圧の不安定化を引き起こし、さらに状態を悪化させます。

 

無症候性狭心症には要注意

また、糖尿病が原因で起こる狭心症は、無症候性であることが多いと言われています。

糖尿病からくる神経障害が原因ではないかと言われており、突然の狭心症の発作でわかるケースがあります。

その場合には、十分な予防措置がとれず、危険な状態になりかねません。

糖尿病になったら、常に動脈硬化や狭心症などの危険性があることも意識しましょう。

 

糖尿病によい食品

糖尿病になってしまったら、食事制限もあり、こうした合併症も心配しなくてはなりません。まず、糖尿病になりにくい食生活を心がけましょう。

 

糖尿病予防には、つぎのようなものがよいとされています。

これらは心筋梗塞の予防にもつながります。

 

キノコ類

キノコ類は食物繊維が多く、低カロリーなので、摂取カロリーのコントロールに最適です。

また、椎茸には血圧低下作用があるとされていますし、キノコ類には他にも身体の調子を整える作用の成分がみつかっています。

 

玄米・雑穀米

白米はカロリーのとり過ぎにつながりやすいといわれています。

繊維質やミネラルの多い玄米や雑穀米にすると、しっかり噛んで食事をすることにもつながります。 

しっかり噛むと満腹感が得られやすく、唾液もたくさん出るので消化吸収もよくなります。

 

ゆっくり食べる

早食いタイプの人や、好き嫌いの多い人は、どうしても食事をゆっくり楽しむことが少なくなるようです。

柔らかく食べやすい、高カロリーのものを、あっという間に食べてしまう、という人は要注意です。

 

この習慣を改善するだけで、糖尿病予防の第一歩といえます。

心当たりのある人は、まず食事時間をゆっくり楽しんでみてはどうでしょう?

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019808.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

心臓が貧血?虚血性心疾患を予防改善するには、危険因子をおさえよう!

  虚血性心疾患という名前を聞いたことがあるでしょうか。 虚血というのは酸素...

大動脈瘤は、動脈硬化+高血圧が原因?!

  高血圧と動脈硬化が原因で起こることが多い大動脈瘤。 心筋梗塞ほど頻繁...


CKDの人は注意が必要!腎臓病が心臓疾患を引き起こす!

  近年、慢性腎臓病(CKD)が、心臓・冠動脈疾患のリスクファクターとして...

心臓の検査で何がわかる?健康診断にもある心臓の検査まとめ

職場の健康診断、病気の疑いがある場合、経過観察など、検査は色々な場面で行われ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る