カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 顎関節症からくる頭痛と耳の異常

頭痛

顎関節症からくる頭痛と耳の異常

女性に多くみられる顎関節症。あごの噛み合わせだけでなく、いろいろなところに影響が出ます。その頭痛と耳の違和感も、もしかしたら顎関節症が原因かもしれません。

 

顎関節症とは

顎関節症では、あごの関節円盤がずれたり、悪化するとつぶれて変形したりします。原因はいろいろで、噛み合わせが悪い場合や歯並びなどがありますが、精神的ストレスも原因ともいわれています。

 

口腔外科がおすすめ

心配があれば、口腔外科がある歯科医へ相談しましょう。悪化すると、あごが開かなくなりますから、食事も一時的に困難になります。マッサージやあごの体操で、あごの周囲の筋肉を鍛えることが主な治療になります。

 

ほかにも超音波治療やマウスピースでのサポートなどが行われることもあります。

 

頭痛や耳の違和感の原因であることも

顎関節症だと気づかずに、頭痛や耳のつまったような感じが続いていたのが、顎関節症治療とともになおっていくという場合もあります。顎関節症は、あごの周りだけでなく、首から肩にかけてのハリや痛みや、めまい等を起こすこともあるのです。

 

顎関節症チェック

・あごが指3本以上開くか

・あごの付け根周辺に痛みや違和感がある

・あごを動かしたときに音がする

 

なおりにくい頭痛や耳の違和感があるときには、顎関節症のこんなチェックもしてみてはいかがでしょうか?

 

顎関節症の体操

顎関節症と診断されたら、あごの関節の体操をして動きがいい状態を保つことが大切です。

 

あごの体操は、こんなポースです。

・大きく口をあける

・あごを前に突き出す

・あごを後ろにひく

・あごを左にずらす。同じように右に。

 

それぞれのポーズで5つ数える間、静止します。痛みがあるときは、あまりつよく動かさないようにしましょう。

 

これを1セットで、朝晩続けると、顎関節症の悪化防止になります。あごの関節の動きがよくなると、頭痛が起きにくくなることがあります。

 

また、毎日表情の筋肉を動かすことで、より笑顔になりますよ。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●耳の奥の痛みは緊張型頭痛が原因?~緊張型頭痛に多い症状~

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳に関する記事

耳の後ろが痛くなる頭痛は後部神経痛かも

以前から頭痛があったが、最近どうもその痛み方が違ってきた、傷むのは頭の後ろ側...

頭痛と耳痛!三叉神経痛とは?治療は薬?注射?手術?

頭痛と同時に耳にも痛みがある場合、何らかの原因がある場合が殆どです。風邪を引い...


頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

耳鳴りと頭痛は、どちらが原因かわからないような場合もあります。 時には脳や...

治療をしても治らない耳鳴り…「脳過敏症候群」かも?

片頭痛や耳鳴りの治療を長年続けているのに効果が出ない…という人は、今の治療や病...

カラダノートひろば

耳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る