カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

頭痛

頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

耳鳴りと頭痛は、どちらが原因かわからないような場合もあります。

時には脳や中枢神経系の疾患が隠れているかもしれません。

 

まれに起きる硬膜動静脈瘻

頭痛と耳鳴りが同時に起こる病気の一つに、「硬膜動静脈瘻」というものがあります。これは、脳を包む硬膜の内側と外側にあって、本来つながっていない動脈と静脈が、何かの原因でつながってしまった状態です。

 

本来高い圧力がかかるはずのない静脈に、動脈から直接強い血圧がかかるため、場合によっては出血したり、脳圧が上がってしまったりするのです。

 

頭痛や耳鳴りのほか、眼の充血や痙攣、視力低下など、様々な症状をおこし、さらには脳出血による重篤な後遺症を起こす場合もあります。

 

頭痛+耳鳴りは危険?

この病気はごくまれにしか起きませんが、食生活の欧米化によりリスクは高くなっていると言われています。

 

この病気以外でも、頭痛と耳なりがサインとなる病気の可能性がありますから、早めに医師の診察を受けましょう。

 

耳の痛みと頭痛に関係する病気

耳の痛みや違和感、耳鳴りと、頭痛があった場合に疑いがある病気はこんなものがあります。

 

1.耳管狭窄(きょうさく)症

気圧の変化で耳のなかにある「耳管」が閉じてしまう状態です。体調の悪いときに飛行機に乗ったりすると、強い痛みや耳鳴り、頭痛が続くこともあります。

 

2.中耳炎・外耳炎

細菌やウイルス感染で耳の中に炎症が起きた状態です。風邪やインフルエンザが引き金になることもよくあります。

 

外耳炎では耳鳴りがよく起きます。慢性化することもあるので、注意が必要です。

 

3.顎関節症

あごの関節への負担やストレスなどから起き、口が開けなくなります。あごから耳にかけて痛みが生じ、耳鳴りや頭痛にもつながります。

 

4.おたふくかぜ

おたふくかせウイルスに感染し、耳の付け根にある耳下腺が炎症を起こします。まず耳が痛くなり、高熱・頭痛・嘔吐などが見られます。

 

5.三叉神経痛

顔のこめかみから目、あご、頬と三本に分かれた三叉神経が痛む状態です。耳の奥の痛みや耳鳴りのような違和感と、頭痛がおきます。

 

6.耳性帯状疱疹(ラムゼイ・ハント症候群)

帯状疱疹ウイルスが耳の神経や顔面神経に感染する病気です。耳たびから頭痛、耳鳴り、めまい、聞こえにくい状態が起き、耳の入り口などに発疹や水ぶくれができます。

 

耳の異常は、耳掃除のときに耳を傷つけないことや、寒い日は耳を温める、気圧差で痛くなったら耳抜きをするなど、予防することができる場合もあります。

 

ですが、なにか重篤な病気が隠れている場合もありますし、早めに治療を始めることで慢性化を防ぐことにもつながります。

 

耳が聞こえなくなると、生活に大きな影響がでますから、おかしいな、と思ったら、すぐに耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳に関する記事

耳の後ろが痛くなる頭痛は後部神経痛かも

以前から頭痛があったが、最近どうもその痛み方が違ってきた、傷むのは頭の後ろ側...

耳の後ろからくる頭痛の原因と対処法!

片頭痛のようだけど、耳の後ろからズーンと痛みがくる。首から上や耳のあたりを押...


頭痛と耳痛!三叉神経痛とは?治療は薬?注射?手術?

頭痛と同時に耳にも痛みがある場合、何らかの原因がある場合が殆どです。風邪を引い...

これって片頭痛?緊張型頭痛?耳の後ろが痛い場合

耳の周りは皮膚も弱く、首にかけて血管や神経もたくさん通っているため、頭痛が起...

カラダノートひろば

耳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る