カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 前兆 >
  5. 心不全の徴候には要注意!

生活習慣病

心不全の徴候には要注意!

心臓に故障がある場合、心不全はゆっくりと悪くなることが多いのですが、まれに突然悪化することもあります。徴候を早めにキャッチして治療することが重要です。

 

変だな、と感じるだけでなく、手遅れにならないように、「心臓の状態のサインを知る」のも大切なことです。

 

心臓が機能しない

心不全は心臓の機能が低下している状態です。心臓の右側が主に悪い場合と、左側に悪い部分がある場合では症状がちがいますが、いずれも心臓のポンプ機能が低下して、命に関わります。

 

動脈硬化が悪化している場合には、脳梗塞などの危険性も高まります。狭心症や動脈硬化などの循環器系疾患がある場合には、つぎのような症状があったら要注意です。

 

1.血液を送ることができないためにおきる症状

つかれやすい、だるい:全身に十分な酸素が送れなくなっています。 青白い顔色や、冷や汗、不安症状などがおきます

 

手足の冷え:血圧が低下して、手足が冷たくなります。

 

2.うっ血からくる症状

息苦しい:肺に水がたまり、肺を圧迫します。

 

息切れ:運動しなくても息が切れる。安静時にも仰向けになると喘鳴(ぜいめい)が起きる。

 

起坐呼吸(きざこきゅう):座っている状態で少しらくに息ができる。

 

足のむくみ:足を指でしばらく押さえてから離すとくぼみができる。

 

おなかが張る:食欲が落ちる、肝臓や内臓に水がたまって圧迫される。 

 

心配なときはすぐに病院へ

心不全はいったん徴候が隠れることもあり、その間に悪化するというケースもあります。心臓に心配がある方は、こうした徴候があったら、すぐに病院へ。

急激に症状が出た場合には、迷わず救急車を呼びましょう。

 

心不全の原因はさまざまですが、死の危険があります。こうした不安を抱き続けることはストレスにもなりますから、周囲の方にも理解してもらい、とっさのときに対処できるようにしましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

こんな症状があるときは要注意!心筋梗塞の前兆について

我が国の死亡率の第一位は『癌』、次いで二位は『心臓病』であることはご存じでし...

こんな前兆が出たら救急車を呼んで!心臓病の3大前兆

  心臓病は、発作が起きてからでは手遅れになる場合もあります。 突然の心筋梗...


粘膜などが青紫色になる状態「チアノーゼ」は心臓の異常

  唇が青紫になるチアノーゼ、じつは貧血では起きにくいものなのです。チアノーゼは...

心臓病の前兆症状は自分で気づけない…気づけない理由とは?だからこそ大切な周囲の目

何となく疲労感があるとき、原因は何だと思うでしょうか? 仕事のし過ぎでしょうか...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る