カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 基礎知識 >
  5. 体の表面を冷やすだけではない!?エアコンは体温調節機能を壊してしまう?

女性のカラダの悩み

体の表面を冷やすだけではない!?エアコンは体温調節機能を壊してしまう?

エアコンの効きすぎは冷えの素になるとされます。しかし、実際エアコンの冷たい風にあたっていることの何が悪いのでしょうか。

 

人の体の調節機能

人の体は元々、気温や湿度に合わせて自分の体を調節する機能が備わっています。

人が暑いと感じる場合、人の体は血管を太くして体内をめぐる血液の量を増やし、皮膚の表面温度をあげます。そして汗をたくさんかき、かいた汗が蒸発させることによって体の表面温度を下げます。

 

また、寒いと感じる場合、体の機能は体の熱を逃がすまいと働きます。そのため、暑いときと反対で、体の血管を細くして体内をめぐる血液の量を減らし、皮膚の表面温度を、外気とあまり差のないように低くします。というのは、皮膚とそれに触れている外気の温度差があると、皮膚の熱がどんどん放出されてしまうためです。

 

脳の指令がうまく伝わらなくなる

暑いときは暑い、寒いときは寒いことによって、体の調節機能がうまく働きます。しかし、エアコンなどで暑いのに極端に寒くしてしまったり、その逆で寒いのに極端に温かくしてしまったりすると、この調整機能が鈍ってきてしまいます。

 

つまり脳の判断が次第に「暑い寒い」に鈍感になっていき、適切に体温の調節機能が働かなくなるのです。そのため、エアコンがきいているときは過剰にその温度に影響されてしまい、エアコンがきいていない場所でもうまく調節ができなくなってしまいます。

 

エアコンによるいわゆる冷房病のような症状は、これらの調節機能がうまく働かなくなることが原因だと考えられます。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●エアコンによる喉の痛みを予防する使い方

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

自律神経が乱れる「冷房病」…「歳を重ねた」「女性」が冷房病になりやすい!

     同じ冷房が効いた部屋にいても、男性と女性では、快適さが違うように感じる...

それ、内臓を冷やしてない?内蔵型冷え性の3つの原因

   冷え性というと手足が冷たくなるイメージがあるかもしれませんが、実はそうなら...


体温を高めよう!平熱が高い人は免疫力が高い!

      人間の体温は体温調節中枢でコントロールされており、体温調節中枢は大...

女性の体は冷えやすい?冷房による夏の冷え対策はこれだ!

夏はオフィスワーカーにとっては強い冷房が心配だという人も多いのではないでしょ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る