カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. セカンドオピニオン >
  4. がんの治療法は1つじゃない!いざという時のセカンドオピニオン

ガン・悪性腫瘍

がんの治療法は1つじゃない!いざという時のセカンドオピニオン

selection-64197_640.jpg

セカンドオピニオンとは第三者に意見を求めることです。
医療の場合のセカンドオピニオンとは、患者が主治医以外の医師に病気に関する意見を求めることを指しています。

●治療法はひとつではない

がんの治療法についてもいえることですが、選択肢は一つではありません。
いくつかの選択肢の中から最適と思うものを選ぶのが基本です。
医師はその選択肢の内容、リスクなどを教えてくれます。
担当する医師によっては、選択肢を狭めてしまう場合も考えられなくはありません。

●セカンドオピニオンの意義

治療法の選択肢が狭く、疑問や不安を持っている場合には、セカンドオピニオンを受けた方が良いかもしれません。
セカンドオピニオンを受けた後、最終的にもともと担当していた医師の治療法に納得できたのであれば、そちらで治療を受けることももちろん可能です。
セカンドオピニオンをしてくれる医師も、現在の主治医も、専門的な知識を持っているという点では同じですが、治療への見方が異なることはよくあります。
よりよい治療、よりよい回復にセカンドオピニオンが役立つことも多いです。

●セカンドオピニオンを受けるには

セカンドオピニオンを受けるためには、担当医師が作成した『診療情報提供書』というものが必要です。
これは今までの治療や症状をまとめたものです。
自費診療でセカンドオピニオン外来を受診することも可能です。
最近では、首都圏の病院を中心にセカンドオピニオン外来を持つ病院も増えてきています。
いずれにしても、セカンドオピニオンの結果は担当医師へと伝えられます。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/05/17/28/selection-64197_640.jpg)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

セカンドオピニオンに関する記事

癌性疼痛とは?原因ってなに?~がんの身体的な痛みと心理的な痛み~

  癌性疼痛とは何でしょうか。がんと言う言葉と聞きなれない専門用語でウッと...

セカンドオピニオン!まずは最初の意見を大切に!

  風邪で病院にかかる場合は、医師の指示にそのまま従って、処方された薬を服用し...


自分の治療法は自分で選ぼう!セカンドオピニオンの手順紹介

  セカンドオピニオンを受けたいと思った時に、初めに何をすればよいのでしょ...

がんのセカンドオピニオン、どの医師にしてもらう?

  がんなどの疾患は、医師や病院によって治療の選択肢や方針が違うことがあります...

カラダノートひろば

セカンドオピニオンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る