カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 旅行 >
  5. 妊娠初期・安定期の旅行はしてもいい?妊婦の旅行に必須の持ち物は?

妊娠・出産

妊娠初期・安定期の旅行はしてもいい?妊婦の旅行に必須の持ち物は?

赤ちゃんが生まれたら旅行やデートは難しくなるからと、妊娠中に旅行や遠出、イベントに参加する妊婦さんも多くいらっしゃいます。

妊娠中は母体が不安定なため、注意をしつつ行動することが必要です。

 

妊娠初期の旅行

妊娠初期はとくに不安定

妊娠初期は体調が不安定なため、旅行や長距離移動をすることはおすすめできません。

母胎が安定していないために流産を起こしやすかったり、重要器官の発達時期なので様々な影響を受けやすいからです。

 

旅行または長距離移動は?

妊娠初期の旅行は控えた方がよいでしょう。ただでさえ安定していない時期だけに、トラブルにならないわけがありません。

 

お腹が大きいわけではないので、飛行機で「安定期でないから搭乗できません」と止められる事はありませんが、自己判断は危険です。

もし万が一飛行機の中で、トラブルがあった場合、対処ができません。

 

近場の小旅行に 

妊娠初期は、つわりで疲れきってしまうほどの辛い時期でもあります。

リフレッシュするには、いつもと少しちがった環境に行くのも一つの解決策です。

長距離ではリスクを抱えての旅行となるので、近場がよいでしょう。

 

もし近場へ小旅行するなら、行く先で何かあった時の為に、産婦人科などをリサーチしておくべきです。

母子手帳がまだ発行されていない場合には、今までの検診内容をメモするようにしましょう。

無理をしない事が何よりも大事であり、流産を経験した方は、控えるべきでしょう。 

 

妊娠初期の旅行などで気をつけたいコツ

妊娠初期でも旅行に行きたい…そんな時に気をつけたいコツをご紹介します。

 

時間にゆとりのある計画を  

あれもこれもと言わずに、体調優先でスケジュールを立て、休みをしっかり取り入れられるようにしておいてください。

妊娠中は、妊娠前と比べて、とても疲れやすくなっています。ツアー旅行は時間の拘束が多いため、やめたほうが安心です。

 

急なトラブルのために

持ち物として、母子健康手帳と健康保険証は、必ず持ち歩いてください。

また念のため、旅行先にある産婦人科や、救急病院なども調べておきましょう。

 

もし万が一、旅行中に出血などの急なトラブルが起こってしまったら、まずはあなたの妊娠経過を熟知している主治医に連絡し、適切な指示を仰ぐようにしましょう。 

連絡先を、きちんとわかるようにしておくと安心ですね。

 

服装にもゆとりを

長時間の移動や慣れない土地でのストレス、歩きなれない靴や窮屈な服装は、それだけでストレスになります。

旅行先でもリラックスできるように、移動中にはけるスリッパのようなものやゆったりした服装を心がけるようにしましょう。

 

そして旅行中は水分をこまめに取り、トイレを我慢しないようにしてください。

また、同じ姿勢で長時間すごすことがないように気をつけましょう。 

 

飛行機での移動は安定期以降

ちなみに安定期に入れば飛行機での移動が可能になります。

ただし、医師の診断書が必要である事が多く、臨月に入る頃から搭乗できない航空会社もあります。 

 

どうしても移動をしなければならない事情(里帰りで出産をする)などの際は、安定期で移動する事と、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしなくてはなりません。

しかし、安定期だから大丈夫という油断も禁物です。乗らなくてすむのなら乗らない方が良いでしょう。

 

長距離バスや新幹線の移動も、長時間になればなるほど体への負担は大きいです。100%ではありません。

特に飛行機は乱気流により急降下したりするので、危険な状況になりかねません。

 

安定期の旅行はOK?NG?

安定期の旅行のメリットはリラックスが出来る事です。

つわりや外出激減などで疲れた心をリフレッシュして、妊婦生活を元気に続けられます。

 

いっぽうで安定期の旅行のデメリットは、安定期とえいども妊娠中。

いつ胎児や妊婦に異常が起きるかわからないということです。

 

妊婦の精神面・赤ちゃんを産んだ後に旅行する難しさから、安定期の旅行はOKという方もいれば、安全性からNGという方もいます。

どちらが正しいとも言えませんので、体調を見て判断してください。

 

もしも安定期に旅行に行くなら

安定期に「やっぱり旅行がしたい!」という時には、きちんと準備をすることが大切です。

 

まずは、母子手帳の持参と必要事項の記入です。

もし早産することになったら、知らない病院で早産という可能性もあるので、かかりつけ医に必要な情報を記入してもらいましょう。

 

また長時間の移動中は、血管が圧迫されやすい・血流が滞りやすいという問題があるので、こまめに動きましょう。

妊娠中は頻尿になる方が多いので、必然的にこまめに動くことになるとは思います。

 

安定期に旅行するにしても、海外はあまりおすすめしません。

保険の問題、言語の問題などがあるからです。

 

妊婦さんの旅行~持ち物~

必須の持ち物

 ・母子手帳

 ・健康保険証

 

あると安心な持ち物

・クレジットカード

万が一、病院にかかったときもクレジットカードがあれば安心。

 

・ビニール袋

 

・おやつ

お腹が空くと気分が悪くなる場合もあります。お気に入りのおやつを持っていきましょう。

 

・ブランケットや羽織るもの

妊婦さんは特に体を冷やさないようにしましょう。

 

・下着1セット多めに 

・ナプキンや尿もれパット

・帽子

妊娠中の日焼けよけにおりたためるタイプの帽子がおすすめです。

 

・タオル

妊婦さんはよく汗をかきます。数枚のタオルを持っていきましょう。

 

・フェイスミスト

体温の高い妊婦さんのリフレッシュ用に最適です。

 

・汗ふきシート、ウェットティッシュ

 

・着圧ソックス

移動中に着用してむくみを予防しましょう。めまいにも効果があるそうです。

 

・マスク

移動中や乾燥しやすいホテルでの就寝時に使用しましょう。

 

・折りたたみのコンパクトな椅子

こまめに休憩できるので、持っていくと便利です。

 

・パジャマ

宿泊先でパジャマが用意されている場合もありますが、マタニティ用は用意されていません。

ゆったりと着れるパジャマを持っていきましょう。 

 

事前に用意したい物

飛行機で移動する場合は、飛行機会社に妊娠中であることを伝えておきましょう。

機内食がベジタリアン向けのものがよい場合も事前に希望しておきましょう。

 

安定期に入っていても、油断は禁物です。

万が一を想定して、しっかりと準備をして出かけましょう。

 

また、一緒に旅行に行く人に念のため、かかりつけの病院の名前と番号と担当医を書いたメモを渡しておくとよいでしょう。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

旅行に関する記事

妊娠中の旅行~人気のマタ旅先・おすすめの宿泊サービスをご紹介!

母子ともに健康のため、運動を兼ねてマタニティ旅行=通称「マタ旅」に行く人が増...

妊娠中の旅行、これだけは持っていこう

妊娠している女性にとって、妊娠中は旅行に行くチャンスとも言えます。妊娠前は仕...

旅行の体験談

妊娠9か月でTDL

一人目を妊娠しているときのことです。 入籍をしてすぐの私の誕生日に、2日間でTDLとTDSに行くの...

出産一ヶ月前の旅行

ちょうどお盆の休みに入る前日のこと。 ふと私が、 「あー、最後に旅行も行けなかったなぁ…とうぶん...

カラダノートひろば

旅行の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る