カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 緩和医療 >
  5. ガン患者へのマッサージ

ガン・悪性腫瘍

ガン患者へのマッサージ

多くのガン治療は人体に対して強烈な影響を与えるので、それに伴って副作用も強く出ることがあります。

 

そのような症状を緩和する目的で“オンコロジー・マッサージ(腫瘍学に基づいたマッサージ)”が注目を浴びています。

  

マッサージでガンは拡がらない?

ガン患者にマッサージを行うとガンが拡がってしまう、と考えられている方がいます。マッサージによって血流やリンパの流れが良くなり、ガンが運ばれていくのではないかと推測されていたためです。

 

しかし現在の新たな調査によると、オンコロジー・マッサージトレーニング(腫瘍学に基づいたマッサージトレーニング)と多くの臨床経験を積むことによって、ガン患者へのマッサージのリスクは軽減され、効果も高まることが分かってきました。

 

マッサージの効果

マッサージによってガンそのものの治療を行うことはできませんが、ガンによって起きる肉体的・精神的な症状を緩和することができます。

 

また、マッサージは化学療法や放射線療法の副作用、手術後の疼痛や吐き気、筋肉や関節の痛み・だるさ、不安や抑うつ状態といった症状も軽減することができます。

 

最適なマッサージを 

The American Cancer Societyは、“マッサージはガン患者に手技を施すための特別なトレーニングを受けた人のみ行って良い”としています。

 

これは、患者の症状への適応や禁忌、手技内容や時間、期間、骨への転移や皮膚反応といったことに注意して、より安全にマッサージを行うためです。 

 

まとめ

ガン患者へのマッサージによる身体的触れ合いは、術者と患者の間に絆を作る手助けになります。

 

家族や友人がマッサージを行うことによって患者が心理的に強くなり、リラックスすることもできます。心身共に良くなるマッサージは強く推奨されています。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

緩和医療に関する記事

緩和ケアは末期ガン患者のもの…?いいえ!違います

  ガンで緩和ケアを受けることになった、というと末期ガンでホスピスに入るイメー...

家族が心配な方へ 病院の緩和ケア病棟ではどんな過ごし方をするのか見てみましょう

  緩和ケアを受ける場所のひとつが病院にある緩和ケア病棟というもので、緩和ケア...


ガンの緩和ケアを受けるタイミングはいつがいいの?

  ガンの治療は腫瘍を取り除いてガンという病気を完治させるだけではありません。...

化学療法による身体的苦痛と心理的苦痛とは?がん治療について

  化学療法を受けている患者さんはどのような苦痛を感じているのでしょうか?  ...

カラダノートひろば

緩和医療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る