カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療費 >
  5. 高額療養費制度をうまく利用しよう!がんの治療の経済的負担

ガン・悪性腫瘍

高額療養費制度をうまく利用しよう!がんの治療の経済的負担

kogaku.jpg

がんの治療には数年単位の時間がかかることもあります。がんの病状をあらわすステージが高ければ高いほど入院期間が長くなる傾向もあり、家族や本人にかかる負担も大きいです。

 

精神的負担や体力的負担もありますが、金銭的負担ももちろんあります。金銭的な負担を軽減するための方法のひとつが、高額療養費制度というものです。

 

●高額療養費制度とは?

高額療養費制度とは、国が定めている医療保険制度の一つです。

 

療養費が高額の場合に、本人がすべてを支払うのではなく、一定限度までを支払い、残りは国が負担するという制度がです。支払う額は年齢や所得に応じて定められています。

 

●高額療養費制度の負担上限額

70歳未満の方の場合で、高額療養費制度の本人負担上限額がどのようになっているか見てみましょう。

 

厚生労働省では所得区分を3つとしています。高所得者、一般所得者、低所得者です。高所得者は月収53万円以上、低所得者は住民税非課税の方、それ以外が一般所得者です。

 

高所得者の場合、1か月の医療費負担は15万円+(医療費-50万円)×1%となっています。医療費が100万円だとすると、15万円+(100万円-50万円)×1%=15万円+5000円=155000円となります。

 

一般所得者は80100円+(医療費-267000円)×1%です。医療費が100万円かかったとすると80100円+(100万円-50万円)×1%=80100円+5000円=85100円となります。

 

低所得者は一律35400円です。その他にも、世帯合算などの負担軽減策も利用することが可能です。

 

●申請から支給

高額療養費制度は、申請してすぐに支給されるものではありません。受診月から3か月以上の時間がかかるので、その間は高額療養費貸付制度などを利用して医療費の支払いを行う方もいます。

 

高額療養費貸付制度は無利息での貸付です。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療費に関する記事

がんの治療費~がんによっては保険給付対象外の可能性が!がん保険を見直そう

「2人に1人はがんになる」「がん治療にはお金がかかる」という心配から、がん保...

医療費や生活費…がん治療において使用できる公的制度について

  医療費や生活費、介護など様々なジャンルでサポートがありますのでその一部...


ガンの治療費はどれくらいかかる?がんや大腸ガンだと●●万円以上の費用が!?

  風邪や胃腸炎などと違ってガンは数か月は治療にかかりますし、その間に入院や手...

高額なガン治療費の負担軽減のために!高額療養費制度の申し込み方を知ろう

  ガン治療費の負担軽減のための制度のひとつが高額療養費制度と呼ばれるものです...

カラダノートひろば

治療費の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る