カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 水頭症 >
  5. 水頭症になるとどんな症状が出るの?

気になる病気・症状

水頭症になるとどんな症状が出るの?

 

水頭症は見た目ですぐわかる病気とも言われています。

頭が人よりもかなり大きく、頭の上側が盛り上がっているように見えるのが特徴です。

その一方でどのような症状が出るのかということについてはあまり知られていません。

水頭症の症状を見ていきましょう。

 

●乳児のころは症状が出ない?

乳児、その中でも未熟児のころというのは体のすべてが柔らかい状態です。

頭の頭蓋骨も柔らかく、水頭症で出来た髄液の固まりに押されて頭が大きくなりはするものの、目立った症状がなかったという子も多いのです。

簡単に言うと頭蓋骨の成長によって髄液の塊と脳が圧迫されない状態ということです。

ただ、脈がゆっくりだったり呼吸がときどき止まる子はいます。

 

●骨がしっかりすると圧迫を受ける

頭蓋骨がしっかりしてくると狭い脳内で髄液と脳がそれぞれ圧迫し合います。

そのためさまざまな症状が出るようになるのです。

頭痛、嘔吐は代表的で、そのほかにうまく歩けなくなったり常にボーっとした状態になる子もいます。

 

●症状緩和のためには手術が必要

水頭症の症状を抑えるためには手術が必要です。

脳内で溜まってしまった髄液を移動して脳の圧を下げれば症状が大分軽くなるからです。

有名なのはシャントという手術で、髄液が溜まる脳室とお腹をつないで脳の圧迫を避ける手術です。

 

水頭症の治療は乳児(特に未熟児)とそれ以降の年代によって異なります。

頭蓋骨がしっかりしていると脳の圧迫によって頭痛や嘔吐といった症状が出ます。

症状緩和のためには脳の圧迫を避けるシャント手術が必要な場合も多いです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/21/10/07/woman-71735_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水頭症に関する記事

手術によって治せる認知症「特発性正常圧水頭症」とは?

    認知障害や尿失禁を改善! 手術によって治せる認知症「特発性正常圧水...

子どもが水頭症に!学校には行けるの?

  我が子が水頭症になったときには症状についても心配ですが、今後社会生活をどの...


水頭症が起きる仕組みとは

  頭が異様なほど大きくなる病気として知られているのが水頭症です。 そんな水...

カラダノートひろば

水頭症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る