カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 予防 >
  5. 食品から摂取できるビタミンDで高齢者の骨折を防ごう!

介護・認知症

食品から摂取できるビタミンDで高齢者の骨折を防ごう!

 

カルシウムの吸収率を高めるビタミンDは、高齢者の骨の強化に欠かせません。

ビタミンDの働きと、食事からの摂取についてまとめました。

 

ビタミンDと骨の関係

骨も、皮膚のように日々、新陳代謝を繰り返しています。

古くなった骨を「破骨細胞」が壊し、その部分に「骨芽細胞」が集まってカルシウムを沈着すると、新しい骨に生まれ変わります。

ビタミンDは、破骨細胞と骨芽細胞の働きを調整する役割を担っています。

カルシウムの吸収率も、ビタミンDの有無に左右されます。

ビタミンDを十分に摂取すると、不足時に比べて、若い人ではカルシウムの吸収率が2倍、高齢者は1.5倍にアップします。

 

 

食品中のビタミンD

ビタミンDが豊富に含まれている食品は、何といっても魚介類です。

しらす・にしん・イワシ・カワハギ・うなぎ・カツオ・さんまなどを食べると良いでしょう。

特に青背の魚がお勧めです。いくら・数の子・タラコといった魚卵も、ビタミンDたっぷり。

魚介類以外では、卵の黄身、干しシイタケの含有量が高くなっています。

 

普通の食生活で大丈夫

ビタミンDの1日あたりの最低所要量は100IUです。これは、青背の魚なら3分の1匹、カツオの刺身やウナギなら1切れで満たせます。

極端に魚介類や卵製品を制限した食生活でなければ、不足の心配はありません。

 

注意点

食品から取り込まれたビタミンDは、肝臓と腎臓で活性化されます。

肝臓と腎臓に障害がある人、骨粗鬆症で治療中の人は、既に活性化されたビタミンDをサプリメントなどで補給する必要があります。医師に相談してください。

 

 

バランスのとれた食生活で、カルシウムとともにビタミンDを補給し、若々しい骨を保ちましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/28-370926.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

骨の老化対策をしよう!

老化対策として重要な点は、老化の原因をしっかり理解し、この原因に基づいて対策...

日光浴でビタミンDを!高齢者の骨折予防

骨を強くするためには、カルシウムだけではなく、ビタミンDも必要です。 ビタ...


冬はやっぱり鍋!牡蠣鍋にプラス○○することで骨粗しょう症予防にぴったりの鍋に!

加齢と共に骨密度が減少していくことは、よく知られています。 骨粗しょう症の予防...

高齢者の転倒を防ぎ、安全に入浴する工夫をしよう

  高齢者の転倒・骨折が起こりやすい浴室は、危険がいっぱいです。安全に入浴...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る