カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 予防 >
  5. 骨折予防に!運動で高齢者の骨密度をアップ!

介護・認知症

骨折予防に!運動で高齢者の骨密度をアップ!

 

骨密度を高めて高齢者の骨折を予防するには、運動が効果的です。「骨に効く」運動について説明します。

 

 

運動で骨強化の仕組み

骨に適度な負荷を与えると、カルシウムの吸着など骨の新陳代謝が促進され、骨密度が高まるといわれます。

日常的に運動しているスポーツ選手は、ふつうの人よりも骨密度が高い傾向にあります。

寝たきりの高齢者は骨がもろくなり、寝返り程度の小さな刺激で骨折する場合があるのは、運動量の少なさにも理由があります。

運動によって骨自体が丈夫になるだけではなく、筋肉も増えます。筋肉が増えれば運動機能が上がって歩行も安定し、転倒しにくくなります。

 

 

効果的な運動

骨への負荷が大きな運動ほど、骨密度がアップします。球技のように瞬間的な体重移動、跳躍などの動作が効果的ですが、高齢者には不向きでしょう。

軽いウォーキングでも骨は強くなります。余裕があれば、早歩き、階段昇降、跳躍(縄跳びも可)もプラスしましょう。

上半身と下半身、両方の骨に刺激を与えるため、ペットボトルをダンベル代わりにしたウエイトトレーニングなども取り入れてください。

デイケアに通い、専門的な器具を使えば、より高い効果が期待できます。

水中で行う水泳は、骨にかかる負担が軽減されるため、骨の強化は緩やかです。筋力をつけるには向いています。

 

 

注意

骨に過大な負荷をかけると、運動中に骨折する恐れがあります。既に骨折したことがあるなら、要注意です。

医師や理学療法士の指導を受け、適度な負荷がかかるようにしましょう。

 

 

高齢になってからでも、運動を始めるのは無駄になりません。

十分な運動ができなくても、動かせる体の部位は動かして骨に刺激を与えましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/06/18-004794.php )

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

牡蠣にシソで骨粗しょう症のオススメ予防食!冬においしい♪牡蠣の栄養たっぷりな旬レシピ

  加齢という要因で、骨密度が低下することがあります。この骨密度の低下を予防する...

高齢者の骨折予防に効く!カルシウム補給食品って?

  カルシウム補給は、高齢者の骨折予防に欠かせません。高齢者が食べやすく、...


骨の老化対策をしよう!

老化対策として重要な点は、老化の原因をしっかり理解し、この原因に基づいて対策...

食品から摂取できるビタミンDで高齢者の骨折を防ごう!

  カルシウムの吸収率を高めるビタミンDは、高齢者の骨の強化に欠かせません...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る