カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 注意点 >
  5. 高齢者の転倒・骨折に注意!室内の「つまずき」チェックポイント!?

介護・認知症

高齢者の転倒・骨折に注意!室内の「つまずき」チェックポイント!?

 

高齢者の骨折は、室内での転倒が大きな原因です。転倒につながる「つまずき」が起こりやすいポイントを挙げます。

 

気をつけるべき段差

◆玄関・庭やベランダから室内への入り口

靴を脱ぎ、室内に上がる段差が危険です。

靴を履く、脱ぐ動作の際に体勢が不安定になるのも、転倒の要因です。

 

◆階段

下りる際の転落だけではなく、上りで階段につまずいて落ちることもあります。

筋力が衰、足をしっかり上げきらないために起こります。

 

◆浴室

浴室と脱衣所の境にある段差に足が引っ掛かります。

入浴でのぼせ、めまいを起こして足元がおぼつかなくなるケースもあります。

 

◆部屋と部屋の境

廊下と個室、板張りの居間と和室などの境にある段差は、つまずきやすい場所です。

大きな段差よりも、数センチ程度の敷居に足先がかかってしまうことが多いようです。

 

 

床の上の物にも気をつけて!

◆カーペット・マット

床に敷いたカーペット、玄関や台所のマットは、ほんのわずかな厚みですが、足先がかかり、つまずく高齢者がいます。ホットカーペット、こたつ布団も要注意です。

 

◆コード類

電化製品のコードが床を這っていると、高齢者のつまずきのもとになります。

冬場はこたつやストーブ、電気毛布、ポットといった電化製品を多用するため、危険が増します。

 

 

その他

◆衣類

自分が着ている服の裾を踏んでしまい、転倒につながることがあります。長すぎるズボン、脱げ掛けた靴下、ガウンのように裾が長いはおりものが踏みやすいようです。

 

 

高齢になると足が高く上がらず、すり足歩行になりがちなため、若い人では平気な場所でもつまずいてしまいます。

その点を考慮に入れて、家の中をチェックしてみましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/01/12-033187.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

高齢者の転倒・骨折に注意!室内の「滑り」チェックポイント

  高齢者が室内で転倒するのは、「つまずく」、そして「滑る」のが大きな原因...

高齢者の「つまずき」を解消して転倒・骨折を防ぐ方法

  室内には、高齢者がつまずいて転倒、骨折しやすいポイントがあります。それ...


高齢者の「滑り」を解消して転倒・骨折を防ぐには?

  高齢者の骨折は、室内での転倒が大きな原因です。室内の転倒を引き起こす「滑る...

骨粗鬆症治療薬『ビスホスホネート』顎骨壊死の副作用アリ

  顎骨壊死の治療法は確立されていない 厚生労働省による調査によると、高...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る