カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 関節疾患 >
  4. 基礎知識 >
  5. 高齢者に多い「関節疾患」とは?

介護・認知症

高齢者に多い「関節疾患」とは?

関節疾患は、高齢者に多い病気です。特徴と原因、高齢者にみられる傾向をまとめました。

 

関節疾患とは

関節が損傷・変形するのが、関節疾患です。悪化すると痛みや運動障害をもたらします。全身の関節に起こり得る疾患です。老化・外傷・病気・先天的疾患が主な原因です。

 

変形関節症・関節リウマチ・顎関節症・膝関節症・頸椎症・肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)・変形股関節症・変形脊椎症・化膿性関節炎・痛風といった病気が、関節疾患に含まれます。

 

高齢者の関節疾患にみられる特徴

病気やケガではなく、老化によっておこるものがほとんどです。主な患部は、膝・脊椎(背中・腰)・ひじ・指先です。

 

特に、体重の負荷がかかる下半身が好発部位です。病名としては「変形性関節症」「変形性脊椎症」が多くなっています。

 

高齢者が要支援認定を受ける最大の要因が関節疾患です。要介護認定を受ける要因でも1~2割を占め、生活の自立を妨げる疾患といえます。

 

症状

立ち座り・歩行・階段の昇降・荷物を持ち上げる際などに、痛みや違和感を覚えるのが初期症状です。やがて関節の動きが悪くなり、外見からも変形が分かるようになると、日常生活にも支障が出ます。

 

関節に存在する軟骨は治癒のスピードが遅く、1度損傷すると簡単には治りません。痛みが強いと関節を動かすのを避けるようになり、安静状態が長期化します。

 

その結果、関節が拘縮してさらに動かしづらくなり、患部周辺の筋肉も衰えるという悪影響が生じます。

 

ひと口に関節疾患と言っても、さまざまな病気があります。どんな関節疾患かによって必要な対処方法が異なるので、関節に異常を感じたら早目に受診して病名を明らかにしましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高齢者に多い関節疾患!変形性関節症と好発部位

  高齢者の関節疾患で多いのは、「変形性関節症」です。 これは「変形性肘...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る