カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夏の「冷え」に注意!夏こそさらしの腹帯をうまく活用しよう!

妊娠・出産

夏の「冷え」に注意!夏こそさらしの腹帯をうまく活用しよう!

夏になると気温も高くなり、少しでも薄着をしたくなりますよね。上手に夏の暑さを乗り切る為のコツがあります。

 

◆『頭寒足熱』がポイント

頭は冷やし、足は温める。夏は裸足に薄着という格好で過ごす事が多いでしょうが、お腹と足を冷やさないようにするようにしましょう。特に妊娠中の体に冷えは禁物です。血流の悪化で赤ちゃんへの血液の流れが悪くなってしまいます。

冷えはただでさえ夏バテ気味の体には大きなダメージを与えます。

 

◆夏こそ腹帯のワケ!

赤ちゃんを支えるための腹帯。きちんと夏もしていますか?暑いからと言って外したりしていませんか?ちょっとしたコツで夏の腹帯もトラブル知らずで利用できます。

 

☆昔から伝わるさらしで腹帯

昔はさらしを腹帯にしていました。このさらしは綿100パーセントで肌触りも良く、通気性がいいのが魅力です。

最近では、戌の日といって妊娠5カ月の安産祈願に使用する事が多い様です。

 

実はこの昔ながらのさらしは、使いやすい魅力がたくさん詰まっているのです。洗いやすく乾きやすい、そして経済的なのでひそかに注目が集まっています。

汗疹などが出来やすい方は一日に何枚も付け替える事で、快適に過ごせます。自分のおなかの大きさに合わせて巻きつけるので、体にとってもフィットします。良い事ずくめの『さらし』を是非使ってみて下さい。

 

 

難しそうですがコツを覚えればとっても簡単です。

 

☆さらしの巻き方☆

1.まずは準備です。さらしを横に広げ縦に一度折ります。

そして折ったものを端からトイレットペーパーの様な形になるように巻きます。

 

2.巻いたら包帯を巻く要領で巻きます。まずは、お臍の下をスタートに少しずつ重なるようにずらしながら徐々に上に向かって巻いていきます。

折り返しはお臍の下辺りがいいでしょう。お臍の下でⅤの字になるように巻くのがコツです。

 

3.巻き終わりを止めたら出来上がりです。

 

不快な夏の季節を乗り切るための工夫をして、乗り切りましょう。

 

(Photo by:足成 )

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中の生活に関する記事

義母が正しい?雑誌が正しい?イマドキ妊娠事情

最近は妊婦さん向けの情報誌で、すぐに妊娠中の赤ちゃんとお母さんの情報を得る...

危険なサインかも!妊娠中の腹痛…3つの原因を見逃さないで

妊娠中に腹痛が…なんで?!薬も飲めないし、どうしよう!! 実は妊娠中の腹痛...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

妊娠中の生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る