カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 眼精疲労 >
  5. あなたの目、酷使しすぎていませんか?眼精疲労に鍼灸療法!

気になる病気・症状

あなたの目、酷使しすぎていませんか?眼精疲労に鍼灸療法!

 

パソコンを使った仕事やスマートホンの普及などで現代人の目は酷使されています。眼精疲労による目のかすみ頭痛、目の痛み、視力減退、吐き気などに苦しんでいる方も多いのではないのでしょうか。

 

そんな眼精疲労に効果的なのが鍼灸療法です。 

 

 

 鍼灸療法が効果的な症状

 ○朝よりも夕方に眼精疲労を強く感じる

加齢による更年期障害低血圧によって起こる全身疲労性の眼精疲労です。

 

○疲れが溜まると、ものが二重に見える

眼球を前後左右斜めに動かす筋肉の疲労からくる眼精疲労です。

 

○疲れが溜まると、ぼやけて見える

近・遠視、乱視など調節不良からくる眼精疲労です。

 

 

鍼灸よりも病院に行った方がいい症状

はじめは眼精疲労だけを感じていたが、だんだんと視力障害や視野が狭まってきた

原発解放隅角緑内障の可能性があります。

 

○眼精疲労の他に異物感や痒みを感じる。特に夕方に悪化する

慢性結膜炎の可能性があります。

 

○近くを見る作業も遠くを見る作業も関係なく眼精疲労を感じることがある。夕方よりも朝の方が苦しい。

うつ病ヒステリーなどの神経性の原因が考えられます。

 

 

鍼灸での治療方針 

目の水晶体(レンズ)の厚みを変える毛様体筋調節機能の改善を目的とした施術を行います。

目の周囲や後頸部の硬結、筋緊張、圧痛点(押さえると痛むところ)などの反応がみられる経血や反応点に対して刺鍼や施灸を行います。

 

 

まとめ

顔に鍼を打つなんて怖いと思う方もいるかも知れませんが、顔面鍼を行う場合には基本的には0,16mmという非常に細い髪の毛のような鍼を使います。

鍼灸師である筆者の経験からすると、手足などの他の部位と違って顔面鍼は非常に心地よいものです。

 

施術が終わった後には眼精疲労が楽になるだけでなく、目もぱっちりと開いて顔のラインがすっきり見えるなどの美顔効果もあります。

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/25-366054.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

眼精疲労に関する記事

アスタキサンチン・クロセチンの眼精疲労や調節機能に対する影響

<研究の目的> 近年VDT1)作業による眼精疲労や、加齢に伴う眼の調節機能低下...

目の疲れとも違う「眼精疲労」って?眼精疲労の原因と対処法&対策をご紹介

パソコンやスマートフォンなどの操作は、私たちが思っている以上に目を酷使してい...


パソコンの見すぎ、ドライアイ…眼精疲労の5つの原因とは

目がやけに疲れる、慢性的に疲れている状態を眼精疲労と言います。パソコンや携帯電...

シワ・老眼・肩こり…スマホ・パソコン使用の「眼精疲労」がもたらす3つの影響

あなたはスマホを使いますか?パソコンを使いますか? これを読んでいるということ...

カラダノートひろば

眼精疲労の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る