カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 疲れが取れない >
  4. 正しい睡眠でしっかり疲れを取ろう

不眠・睡眠障害

正しい睡眠でしっかり疲れを取ろう

 

寝ても寝ても疲れが取れないと悩んでいる方は案外多いようです。

国立保健医療科学院の発表によれば日本人の5人に1人は睡眠に問題を抱えているとのことです。

これは睡眠障害の割合ですので『悩んでいる』というレベルまで含めるともっとその数は多くなります。

そこで、正しい睡眠・健やかな睡眠のポイントをまとめてみます。

 

●正しい睡眠方法①交感神経を刺激しない

健やかに眠るためのポイントのひとつが交感神経を刺激しないことです。

交感神経は緊張を、副交感神経はリラックスを司っており、この2つの神経を意識的に切り替えることは出来ません。

周囲の環境や感覚器官からの刺激で自然に入れ替わるのが基本です。

眠る前には交感神経を刺激しないようにしてください。

大きな音で音楽を聴く、テレビを見るなどは寝る2時間前から避けておいた方がよいです。

 

●正しい睡眠方法②コアタイムをずらさない

人間の体の機構上、絶対に寝ておいた方がよい時間帯があります。

それは夜の10時から2時までです。

ホルモンが出やすい、疲れが取れやすい時間帯ですので12時までには眠ってコアタイムを逃さないようにしましょう。

 

●正しい睡眠方法③昼寝に気を付ける

昼寝は研究によって有効と言われることもあります。

ただし、その時間は15-20分まで、夕方ではなく午後3時くらいまでがベストと言われています。

不要な昼寝は夜の眠気を遠ざけてコアタイムに眠れなくなる原因です。

 

健やかな睡眠の3つのポイントは交感神経を刺激しない・コアタイムに眠る・昼寝をし過ぎないことです。

寝る2時間前にはテレビや大音量での音楽は避けて12時までに就寝してください。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/17/15/24/grandfather-14446_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

疲れが取れないに関する記事

「寝ても疲れが取れない」は危険のサイン!原因と改善方法!

最近、寝ても疲れがとれないと思う時がありませんか?寝ても食べても疲れがと...

睡眠ホルモンを阻害?!控えたい寝る前のスマホ・パソコン使用

  スマホやパソコンは眠る前には基本的に使わない方が良いと言われています。 その...


疲れやすく寝過ぎてしまう原因は「自律神経失調症」かも

これといった病気は思い当たらないのに毎日疲れやすく寝過ぎてしまうということは...

眠気がなかなか取れない…病院には行く前のチェックと病院選び

  眠気がなかなか取れない、きちんと寝ていると思うのに昼間にも眠気が来るなど眠り...

カラダノートひろば

疲れが取れないの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る