カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 老眼 >
  5. 老眼には早めの対策が肝心

気になる病気・症状

老眼には早めの対策が肝心

 

老眼というともうおばあちゃん、おじいちゃんというイメージがあるので、どうしても老眼と認めたくないという方もいます。

一般的に老眼は45歳前後からスタートします。

早い人なら40歳くらいで老眼になってくる場合もあるので必ずしもおじいちゃん、おばあちゃんばかりがなるものではないと言えます。

 

●老眼の仕組み

老眼が起きる仕組みは水晶体が固くなって近くのものを見るための筋肉が動きにくくなるという仕組みです。

近眼だと遠くのものが見えなくなりますが老眼だと近くのものが見えなくなるのです。

なお、老眼の状態で目が安定するのは60歳くらいです。

 

●老眼には早く慣れよう

目が老眼になるのは1日2日といった短い期間ではありません。

ゆっくりと時間をかけて目が老眼になっていくので、自覚症状が少しずつ出てきます。

少しものが見えにくくなった、近くのものを見ると疲れるなどの症状が出てきたら早めに老眼用のめがねを作りましょう。

老眼用のめがねを作ったからといって老眼が進行するわけではありません。

目への負担を減らして快適に暮らすための正しい対処法です。

 

●老眼用のめがねの作り方

老眼用のめがねは一般的な眼鏡店で取り扱っています。

ただ、老眼用のめがねを使う方は細かいものを見るとき、近くを見るときなどに限られている人もいれば一日ずっとかけていたいという方もいて千差万別です。

老眼で困っていることや一日の使用時間を伝えることで自分に合った老眼用眼鏡が出来上がります。

 

老眼は早い人では40歳くらいからなり、60歳くらいで安定します。

老眼になりつつある時期、早めにめがねを作っておくと目に負担を与えないのでおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/04/06/43/dependent-100344_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老眼に関する記事

老眼、隠れ遠視、お手軽メガネにご用心!

      ■老眼、隠れ遠視、お手軽メガネにご用心!眼精疲労 眼球の中には水晶...

簡単老眼チェック

  早い人は40歳くらいからなるのが老眼です。 今まで目が疲れることなんて少...


若いから老眼が起こらないなんて大間違い!スマホを使って目が疲れたと感じている人は危険!

老眼というと、その文字からある程度年齢を重ねた人がなるものと想像します。しか...

若い人でもなる!?「老眼」の正体と治療法について

  人は誰でも、歳を取っていきます。 高齢になることによって体の様々な部...

カラダノートひろば

老眼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る