カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 睫毛内反(眼瞼内反) >
  6. まつ毛が内向きに生える?!逆さまつげって何?

育児・子供の病気

まつ毛が内向きに生える?!逆さまつげって何?

赤ちゃんがしきりに目をこすったり、まばたきする時にうっとうしそうにしていたら、それは逆さまつ毛かもしれません。赤ちゃんに多い逆さまつ毛はどういったものかまとめました。 

 

逆さまつ毛ってどういう状態?

逆さまつ毛は、上か下のまつ毛が内側に向いて生えている状態です。 

逆さまつ毛の原因は?

赤ちゃんのまぶたは、大人と違い脂肪が多くてはれぼったく、まぶたの筋肉が弱いのが原因と言われています。

また、半数以上の赤ちゃんが一時的に逆さまつ毛になると言われています。

 

逆さまつ毛の症状

赤ちゃんがしきりに手を目に持って行ったり、まばたきの時にうっとおしそうにします。また、他にも涙が出やすい、目が充血しやすい、目やにが出やすいといった症状があります。

内側に向いたまつ毛が眼球をこするので、目がゴロゴロする感じがありますが、赤ちゃんのまつ毛は細くてやわらかいので、黒目が傷つくことはほとんどありません。

ただし、目やにが多かったり、明るいところで異常にまぶしがったりする場合は黒目が傷ついている可能性があります。

逆さまつ毛の治療

成長するにつれて、まぶたの脂肪が少なくなり、まつ毛も外側を向くようになるので、2~3歳までには自然に治ります。

ただし、4歳過ぎても治らず、いつまでも角膜が傷ついている場合は、細菌の感染により、視力が伸びなくなったり、結膜炎や角膜炎、角膜びらんを起こします。

経過によっては手術(埋没法、切除法、毛根を破壊)する場合があります。手術自体は20~30分で終わりますが、全身麻酔をするため、入院が必要です。 

 

逆さまつ毛がある場合は、自己判断で放置したりせずに眼科医を早めに受診し、治療方針を話し合いましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/ ) 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睫毛内反(眼瞼内反)に関する記事

乳幼児・幼児が逆さまつげで手術をすることになったら…手術をするタイミングは?

赤ちゃんのころは、「逆さまつげ」で目の中にまつ毛が入っていても、成長と共に自...

乳幼児・幼児の逆さまつげは気になっても抜いたらダメ?

赤ちゃんのまつげが内側に向いていて、目に入って痛そう!ということはありません...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

睫毛内反(眼瞼内反)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る