カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

飛蚊症の対策とは

 

飛蚊症は目の病気が原因で起きているもの以外は基本的には治療を行いません。

確かに見え方としては視界にちらちらとゴミが入ってくるので気になる方も多いのですが日常生活において仕事が出来ないなどの重大な影響を及ぼすことは多くないからです。

飛蚊症で治療はしていないけれど日常で気を付けたいことをまとめます。

 

●天気のいい日は要注意

飛蚊症の人は天気のいい日、特に夏など太陽光線の強い日はあまり得意ではないようです。

普段よりも視界に入るごみが多く見えるという方が多いのです。

この不快感を減らすためにはサングラスをかける、帽子をかぶって近くの視界を少し暗めにするのがお勧めです。

日傘も有効な手段です。

 

●抗酸化作用のある食べ物を摂取

老化による飛蚊症は老化が進めば進むほど飛蚊症も一緒に進行します。

そのため老化のスピードを遅らせる『抗酸化作用』のある食べ物を摂取するのがお勧めです。

特によいのはビタミンEを豊富に含むアーモンドです。

無塩のアーモンドをおやつに食べてみるとよいでしょう。

1日5-6粒が目安です。

 

●目を使いすぎない

飛蚊症の方は目を使いすぎるとやはり飛蚊症による不快感が出やすくなってしまいます。

目を使いすぎないことも大切なポイントの一つです。

出来ればパソコン作業の多い職場では働かない方がよいでしょう。

また、職場でVDT作業をする場合は家庭では目を休めることが大事です。

 

飛蚊症の症状は生命に影響を及ぼすほどではありませんが不快感を伴います。

不快感を避けるためには目を適度に休め、アーモンドなどの抗酸化物質を摂取、また晴天の日には陽の光を避けるのがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/24/08/40/child-72306_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飛蚊症に関する記事

飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害など…網膜剥離を疑ってみるべき症状

  網膜剥離は網膜に割れ目ができ、硝子体が入ってしまい網膜が破れて剥がれてしまう...

飛蚊症の原因って何?

  飛蚊症は目の病気の一つです。 飛蚊症では蚊が飛んでいるように見える、小さ...


飛蚊症は治らないって本当?

  飛蚊症になったらもう治らないよなんて言われたことがある方もいるようです。 ...

蚊?ゴミ?何かがずっと飛んでいる気がする時は飛蚊症かも!?

「常に目の中にゴミが入っている感じがする」「虫が常に飛んでいる」そんな違和感を...

カラダノートひろば

飛蚊症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る