カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

眼精疲労に効く3つの成分

 

眼精疲労はストレスや目の使い方によって起きる問題です。

そんな眼精疲労を予防する、眼精疲労に対処するのに利用できるのが食物に含まれる成分です。

眼精疲労に特に良いと言われる成分を3つ紹介します。

 

●ビタミンB

ビタミンBの中でもビタミンB1とビタミンB2は特に目の疲れに良いと言われています。

ビタミンB2は体の粘膜に働きかける力があります。

もちろん目の粘膜にも働きかけ、目の粘膜を正常に保つことで目の機能不全を予防します。

一方でビタミンB1は脳から目にかけて伸びている視神経の働きを正常に保つ力があります。

ビタミンB1を摂取するなら豚ひれ肉、大豆、玄米ご飯などがお勧めです。

ビタミンB2を摂取するなら牛乳、レバーがよいです。

 

●タウリン

栄養剤のCMなどの成分として見かけたことのある方もいるかもしれません。

タウリンはリラックスを司る副交感神経を働きやすくします。

ストレスでの眼精疲労を持っている方にはタウリンがお勧めです。

タウリンを効果的に摂取すれば目の神経が休まります。

タウリンは魚介類に多く含まれており、イカやタコで摂取できます。

魚介が苦手な方はサプリメントでもOKです。

 

●アントシアニン

目に良い成分の中でも最も知名度があるのがアントシアニンです。

アントシアニンはものを見るために必要な成分を作りやすい環境を整えてくれることから昔から目に良い成分として知られてきました。

アントシアニンを含む食べ物の中でも摂取しやすいのはブルーベリーやビルベリーなどのベリー類です。

 

眼精疲労に効く成分にはタウリン、ビタミンB、アントシアニンなどがあります。

アントシアニンは中でもものを見るための物質の再合成に関わっているので食後のフルーツにブルーベリーやビルベリーを摂取するのがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/04/00/51/pepper-22111_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

眼精疲労に関する記事

あなたの目、酷使しすぎていませんか?眼精疲労に鍼灸療法!

  パソコンを使った仕事やスマートホンの普及などで現代人の目は酷使されてい...

原因不明の吐き気や頭痛、肩コリ…もしかしたら眼精疲労かも。

  最近は、スマホが普及してきて、小さな画面を長時間見る人もふえています。もし...


眼精疲労にご用心!

  ■目の疲れが首や肩に影響?   ピントを合わせる毛様体筋を支配する脳神経...

パソコンの見すぎ、ドライアイ…眼精疲労の5つの原因とは

目がやけに疲れる、慢性的に疲れている状態を眼精疲労と言います。パソコンや携帯電...

カラダノートひろば

眼精疲労の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る