カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 斜視 >
  6. うちの子より目かも…斜視は早めの診察と治療が重要です!

育児・子供の病気

うちの子より目かも…斜視は早めの診察と治療が重要です!

斜視(しゃし)は目が寄っている方向によって、内斜視、外斜視、上下斜視に分かれます。斜視の症状や治療法をまとめました。

 

斜視って何?

斜視は、正面を向いたときに片方の黒目が内側か外側にずれている状態です。

斜視ってどんな症状?

斜視になると、両目を使って物を同時に見ることができません。そのため、遠近感や立体感などの感覚をつかむことができません。 

斜視はいつ分かる?

斜視はほとんどが生後すぐから3~4歳くらいまでに見つけられると言われています。 

斜視の症状

内斜視

非調節性内斜視と調節性内斜視があります。

非調節性内斜視は、生まれつき筋肉や神経の異常による内斜視です。

調節性内斜視は、遠視が強いために物を良く見ようとして目が内側によってしまう内斜視です。眼鏡で遠視を矯正することで斜視を矯正できます。

非調整内斜視や調整内斜視でも矯正しても目の位置が真っすぐにならない場合は、2歳くらいまでに手術をします。

 

 

外斜視

間欠性外斜視と恒常性外斜視があります。

関節性外斜視は、目の位置は真っ直ぐなのに遠くを見る時やぼんやりしている時や寝起きの直後に一方の目が外側にずれる外斜視です。

視力や両目視機能が正常に発達することが多いので、手術を急ぐ必要はありません。目立つ場合は、小学校入学前までに手術をします。

恒常性外斜視は、いつもずれている外斜視で、すぐに手術が必要です。

 

上下斜視

片目が正面を見ているのに、もう片目は上か下にずれている斜視です。

いつもずれている場合は、早めに手術する必要があります。

 

仮性内斜視

内斜視ではないのに内斜視に見える状態を仮性斜視といいます。

仮性斜視は、赤ちゃんに多く見られます。赤ちゃんは鼻が低く、目のあいだの幅が広いので内側の白目が隠れて、内側によって見える状態です。

4~5歳になれば自然に治ります。

 

お子さんが斜視かな?と思ったら、眼科で早めに検査を受けましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/15-380242.php?category=3)

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

斜視に関する記事

もしかしてうちの子ども、斜視?斜視の特徴・見極め方

斜視は子どもの2%という高い割合でみられる病気です。 もしかして、うちの子...

子どもが斜視と診断された時、治療法と注意点について

斜視とは、片方の目が正面を向いている時に、片方の目が別の方向を向いてしまう状...

斜視の体験談

斜視の疑い?小児科医に言われ眼科へ。結果は問題なし

娘が「目が寄っているように見えるね」と小児科医に言われたのは4か月の頃でした。 赤ちゃんが目が寄っ...

次女:3歳児健診と成長記録

3歳児検診では体重や身長ともに順調でとても安心しました。 言葉も達者で問題もなく、「しっか...

カラダノートひろば

斜視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る