カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 月経などのホルモンバランスなどを調整!月経困難症に鍼灸治療を

女性のカラダの悩み

月経などのホルモンバランスなどを調整!月経困難症に鍼灸治療を

 

 

 

 ストレス社会と言われる現在、月経困難症の方が増えています。

クーラーによって夏でも子宮は冷やされ、運動不足によって骨盤内血流が悪くなり、ストレスでホルモンバランスが崩れ、子供を産むのが遅い或いは産まないために生涯生理回数が増えたためだと考えられます。

 

 そんな月経困難症に対して鍼灸治療が功を奏します。

 

 

鍼灸適応の月経異常

月経に伴う下腹部の痛みや不快感、腰痛が強く、器質的疾患を認めない原発性月経困難症が鍼灸治療の適応になります。

 

 

鍼灸治療と西洋治療を併用すべき月経異常 

 ○子宮の腫瘍

不正性器出血を伴う、月経量が多すぎる、月経期間が長すぎる、と言った症状が出ます。

 

○感染症

何らかの筋やウイルスに感染するとおりもの(帯下)が出てきます。

 

○子宮内膜症・腺筋症

月経痛が徐々に強くなり、耐えられないほどになります。

 

 

実際の鍼灸治療

○月経前

月経開始の数日前から始まる月経前緊張では、乳房の張り、吐き気、頭痛、めまい、全身倦怠感、イライラ、といった症状が出てきます。

月経前緊張症の方は神経症的な性格の方が多く自律神経が乱れていることでも知られています。それらの自律神経を整えるように鍼灸を行います。

 

○月経開始時~ 

月経開始から数時間~数日に起こる月経困難症では、下腹部からその周囲に至るまで痛みが放散し、消化器症状、精神症状を伴う事があります。

下腹部、腰仙椎部、などで圧痛(押して痛いところ)や硬結などの反応が現れている経穴(ツボ)に対して鍼灸治療を行います。

 

また、どちらの場合も内分泌系の機能を調節するような治療をします。

 

 

 まとめ

月経困難症の方は、月経などのホルモンバランスだけでなく様々な不調を持っているかたが多くいます。

自分では気づいていなくても、それらの影響が出ている事があるので、全身のバランスを調整するという意味で鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/14-377243.php?category=265)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

辛すぎる生理痛…なにかの病気のサインなの?

鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず、仕事や学校に行くこともままならない…。そんな、...

プロスタグランジン、ストレス、冷え…月経困難症で考えられる原因とは?

生理が来るのが毎月憂鬱に感じてしまうくらい、生理が重い人がいると思います。 生...


月経困難症の「吐き気」をどうにかしたい!漢方、ツボ、冷え対策…有効な対処法

出産をするときに必要は、プロスタグランジンというホルモンがあります。 このホル...

特に病気でもないのに生理痛が重いのはなぜ?

寝込むほどの強い下腹部の痛みや、腰痛、頭痛、吐き気など、仕事や学校に支障をきた...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る