カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 妊娠した女性の半数が経験するマタニティーブルーとは?

妊娠・出産

妊娠した女性の半数が経験するマタニティーブルーとは?

経産婦さんに産後の話を聞くと「産後はなぜかわけもなく落ち込む」「無性にイライラする」「涙が出る」などといった、気分の落ち込みを経験されている方が多くいらっしゃいます。これはマタニティ―ブルーといって、産後の女性によくある症状のひとつ。

 

今回はこのマタニティ―ブルーについて紹介します。

  

マタニティーブルーとは

産後にホルモンのバランスが崩れ、精神的に不調な状態へ陥り、軽度の抑うつ症状が現れることをマタニティーブルーと言います。出産を経験した女性の半数が、マタニティーブルーの症状が出るそうです。

マタニティーブルーはホルモンバランスの乱れが原因ですが、特に初産の場合は、初めて自分がお母さんになることへの不安などから、マタニティーブルーの症状が悪化することもあります。

  

マタニティーブルーの症状

人によって感じ方は様々ですが、一般的にはこの様な症状があるとマタニティーブルーと言えるでしょう。

  

・気分がすぐれず落ち込む

・イライラする

・わけもなく涙が出る

・眠れない

・不安になることが多い

・わけもなく焦る

・集中力が低下する

・意欲が低下する

  

マタニティーブルーは産後うつとは異なり、基本的には自然と良くなるもの。そのため上記の症状が出ても、最初は様子見で問題ありません。

  

月経前症候群の人はマタニティーブルーになりやすい

妊娠する前に月経前症候群にかかっていたり、生理前に情緒不安定になりやすかった方は、特に注意が必要です。月経前症候群もマタニティ―ブルーと同じように、ホルモンバランスの乱れによって起こります。そのため、元々、生理前後に気分の上下が激しい場合はマタニティ―ブルーも起こりやすくなるといえるのです。

 

また心配性だったり、几帳面、まじめな人はマタニティーブルーになりやすい傾向があります。子育てを完璧にしようと思えば思う程、このマタニティーブルーがひどくなってしまうのです。マタニティ―ブルーがひどくなると、産後うつにつながる可能性もあります。

マタニティ―ブルーと産後うつの違い

マタニティ―ブルーと産後うつは症状が似ていることから、混同されがちですが、マタニティ―ブルーは一過性のもので自然に治っていくのに対し、産後うつは病気ですので、継続的な治療が必要になります。

 

マタニティ―ブルーは出産直後から、数日で症状が出始めます。そして産後2週間前後で自然とおさまってきます。しかし、産後うつは出産後、数週間経ってから症状が現れることが多いと言われており、症状も2週間以上続くのです。

産後いつまでたってもマタニティ―ブルーが改善しないのであれば、産後うつに移行している可能性があります。この場合は一度、病院を受診してみるのがいいでしょう。

 

経験者の対処方法

ほんの2週間、数週間といえど、マタニティ―ブルーになるとしんどいもの。特に身体的にもまだまだ回復しておらず、赤ちゃんのお世話も大変。そのような状況で、マタニティ―ブルーを対処してきた経験者の対処法を紹介します。

 

対処法1.気を紛らわすために外へ出掛ける

この答えが、経験者の中で最も多く挙げられました。出産後はどうしても家に引きこもってしまい、気が滅入ります。少し外の空気に触れることでリフレッシュできるかもしれません。

 

対処法2.専門のカウンセラーや友人に相談する

一人で考え込んでしまうことでマタニティ―ブルーを悪化させることを、改善することができます。地域の保健士さんに相談するのもいいでしょう。解決方法が見つからなくとも、話す事ですっきり気持ちが楽になるかもしれません。

 

対処法3.ママ友達を作って、近況報告をする

近くに友人がいない、働いてる友人ばかりでなかなか話せない、という場合はママ友達を作り、お互いを励ましあって乗り越えた経験がある方も。出産した産院で同時期に生まれた子供のママ同士で友達になったりすることが多いようです。

 

対処法4.手抜き出来るところは手抜きする

心配性だったり、几帳面、まじめな人は子育てを完璧にしようとします。しかし、これがマタニティ―ブルーを悪化させる要因ですので、最初からうまくできる人はいない、と割り切って手抜きをすることも大切です。

 

対処法5.自分の時間を大切にする

子どもが生まれると、どうしても子供中心の生活になるので、自分の時間が疎かになります。産後はママの身体の大事な回復期でもあります。赤ちゃんのお世話は両親など周りに頼れる人がいる場合は、頼りましょう。そして自分の時間を確保し、しっかりと自分の身体を休めて下さい。

出産されたママのご家族に読んでもらいたいこと

まず、出産という大きなお仕事を終えたママを褒めてあげて下さい。もちろん、赤ちゃんもとても大変な思いをして産まれてきてくれました。そんな赤ちゃんは可愛くてかまってあげたくなる存在。しかし、お母さんが頑張ったからこそ、この命が生まれてきた事を忘れないで欲しいのです。

 

そして、産まれた後の赤ちゃんを育てるのはとても大変です。大変でも「大丈夫、大丈夫」と言ってしてしまうのは、母親の本能です。「大丈夫」と言いながら、自分の殻に閉じこもり、周りが見えなくなり始めているママに、そっと手を差し伸べてあげて下さい。きっとその手がママの視界を広げてくれるはずです。

ママが不安になっている、疲れていると感じたら、不満を聞いてあげたり、一緒に共感してあげて下さいね。

  

 

体験談:マタニティーブルーや産後うつ。

 

投稿者:まつちゃんさん

 

産後のマタニティーブルー

初めての妊娠、初めての出産。 わからないことだらけで出産し、入院している時から夜中ずっと泣いている赤ちゃんをどうしたらいいかもわからず抱っこしながら辛くて一緒に泣いていました。 でも入院中は辛かったら赤ちゃんをナースステーションに連れてきていいよと言われていたので、それに甘え睡眠をとることもできました。

 

私は普通分娩を予定していたのですが、赤ちゃんがでてこれないことがわかり、緊急帝王切開になりました。 どうやらその時の手術の麻酔がなかなかきれず身体がおかしなまま、高熱にうなされ、翌日には幻覚をみました。 初めての経験で、今思えばあれは何だったのだろう?という感じですが、 その時は周りのものがピンク色に見え、誰かの喋っている声がずっと頭の中を回り、看護婦さんが私のことを〝なんでこういう風になっちゃったんだろう?〟といってた言葉だけなぜか鮮明に覚えています。 足をバタバタして暴れた記憶も、、、。

 

そんなことがあり長引いた入院。 その間に落ち着き退院はしましたが、なんだか子育てに対する不安などもあり、精神的に不安定な状態でした。 退院し、赤ちゃんを連れて実家に帰ってきた時はほっとした気持ちはありましたが、それも一瞬。 初めての子育てにしどろもどろ。 夜寝かせるのもずーっと泣きっぱなしで寝かせるまでに1時間以上かかり、その後も2時間おきの授乳で寝不足。。 子育てってこんなに大変なの? これからどうなるの?? と何度も思いました。

 

実家で1ヶ月くらいお世話になっている間につまらないことで実母とケンカを度々するようになり、余計に精神バランスが崩れました。 実家からうちに帰ってからは食事や洗濯、掃除すべて私一人がやらないといけない。 そしてずっと泣いている子供。 外に出ることもなかったので会話はなし。たまに主人。 そしてその主人に対しても、親としての自覚があまりないと思い、不満や怒りが積み重なり、ちょっとしたことで爆発。 今思えばそこまで言わなくてもよかったかなと思うことも、その時は許せませんでした。 毎日子育て、洗濯、掃除、食事の準備だけで終わり、あっという間に日が経っていくことに社会から取り残されていくという不安も感じ。

 

最終的には家事と子育てが完璧にできないことに、 〝こんなの私じゃない、こんなじゃなかった、、、〟 と自分を責めるようにもなりました。 生まれてから約1年半、本当に辛い辛い日々でした。その生活を変えたのは職場復帰でした。 子供が1歳半の時に保育園に入れたので復帰しました。 仕事が救ってくれたと思っています。

 

今思えば、生まれてからマタニティーブルー、軽度の産後うつに近い状態だったのかもしれないなと思います。 自分が何に対して不満を持っていたかは覚えていて不満を持つことは間違ってはいなかったけど、それに対しての過剰反応がすごかったと思います。イライラが常にマックスでした。。。 あんな思いはもうしたくありません。 正しい判断ができてなかったと思います。 完璧主義、責任感が強い、まじめな人ほどかかりやすいようなので、なかなか難しいことだとは思いますが、子育て中はすべて完璧にこなそうと思わないで妥協することも必要だなと感じました。

 

マタニティ―ブルーは周りのサポートで緩和される

経験者の対処法を見てもわかるように、マタニティ―ブルーには周りのサポートが必要不可欠なようです。我慢したり、無理することで、自然に治るマタニティ―ブルーが、産後うつやその他のよりひどい症状を起こす可能性もあります。

家族や知人、友人、専門機関など頼れるところは頼ってマタニティ―ブルーを乗り切りましょう!

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

妻や友達が産後うつになってしまった時の注意点

産後うつになってしまった人と接する時には、周囲の人は細やかな気遣いが必要です。良...

あなたは大丈夫?精神が不安定になる「産後うつ」セルフチェック

産後の精神は不安定…と聞いたことはないでしょうか。妊娠していた身体から通常の身体...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る