カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. トキソプラズマであかちゃんに障害が…ネコを飼っているお家は注意!

妊娠・出産

トキソプラズマであかちゃんに障害が…ネコを飼っているお家は注意!

トキソプラズマという病気を知っていますか?

妊娠中の女性が、初めてこのトキソプラズマに感染した場合、胎児の意先天的な障害を引き起こしてしまいます。

 

トキソプラズマとは?

このトキソプラズマは寄生虫の一種です。トキソプラズマは猫の糞や尿から感染します。

 

他の感染経路は、まな板などで生肉を加熱処理しないため、感染します。又はまな板で肉を切った場合に、他の食材へ移ります。

 

近年初感染を起こした猫が出す、糞に大量のトキソプラズマが含まれます。

 

その糞を処理した際に、手をしっかり洗っていないと、人間へ口から感染します。

 

また、猫に口移しで食べ物を与えたりした際にも感染します。

 

トキソプラズマの感染を防ぐために

1.動物の糞尿の処理の際は最新の注意をしましょう。

 

素手で触らず、ビニール手袋を活用したりするとよいでしょう。

 

また感染が明らかな場合は、マスクなどの着用心がけましょう。

 

2.動物に口を舐められない様にしましょう

 

また、口だけではなく、手などを舐められた場合は良く石鹸で洗い流すようにしましょう。

このトキソプラズマにかかっていないかを検査するには、血液検査が必要です。

 

どうしても不安な場合は血液検査をして、感染していないか調べてもらいましょう。

 

症状は?

健康な成人の場合は、ほとんど感染に気付かない様です。

 

猫を飼っている方のほとんどは、このトキソプラズマにすでに感染しているはずです。

 

まれに出る症状は、リンパ節の腫れ・下痢・発熱・筋肉痛ですが、2~3日で治まるでしょう。

 

感染時に免疫は出来る為、あまり神経質になる必要はありません。

しかし、赤ちゃんを妊娠した時に初めて、猫を飼ったという場合には以上のことに注意が必要です。

 

猫に限らず動物は私たちと同じ命であることに変わりはありません。

 

妊娠が分かったからといって、手放す必要はありません。

 

まずは、どう動物と向き合うかだと思います。

 

猫がちょっとやんちゃだったら、生まれてきた赤ちゃんにやきもちをやき、飛びかかるかもしれません。

 

そういう事があるかもしれないという事は前もってきちんと考え、動物と人間が共存できる住環境を整えてみるのはどうでしょうか?

(イラスト by: //putiya.com/4animal_toraneko01.html#toraneko08)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

妊娠中のたばこ…胎児に与える影響とは?

胎児がお腹に宿っている場合は、特に気をつけて欲しいのがたばこです。   ...

「夏生まれの赤ちゃんが将来健康になる」!?妊娠中の日照時間がカギ?!

産まれてくる赤ちゃんは少しでも健康な子であってほしいと誰もが望んでいますよね...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る