カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠線 >
  5. 妊娠線は絶対に作りたくない!どう予防すればいい?

妊娠・出産

妊娠線は絶対に作りたくない!どう予防すればいい?

妊娠中期~後期にかけて、気をつけたいのが妊娠線。油断しているとお腹以外にもお尻や太もも、二の腕やおっぱいにまで出来てしまい、元の状態には治りません。予防はお腹が大きくなってからではなく、大きくなる前からした方が効果があります。ではどのようにしたらよいのでしょうか?

  

妊娠線はなぜできる?

皮膚は、一番表面から、表皮・真皮・皮下組織という順で構成されています。お腹がせり出してくる中期頃から、徐々に伸び始めます。

一番表面の表皮は、このお腹の膨らみについていける程の柔軟性があります。しかし、真皮や皮下組織には表皮ほど柔軟性がありません。そのため、お腹の膨らみについていくことができず、亀裂(赤いひび割れの様な模様)になってしまうのです。

 

また妊娠中はホルモンバランスの変化で、皮膚が乾燥しやすい状態。乾燥すると、皮膚の柔軟性が通常よりもなくなってしまうため、皮膚のコンディションがよくない状態で、お腹が大きくなることも妊娠線ができる原因です。

 

妊娠線が出来やすい人の特徴

主に以下のようなタイプの方は妊娠線ができやすいと言われています。

 

・小柄な人

・急に大きくお腹が突き出た人

・双子などの多胎妊娠

・経産婦

・乾燥肌

 

妊娠線は一度出来てしまうと元には戻りません。出来た時の赤みは薄れ、白っぽくなりますが、亀裂のあとはうっすらと残ったままになるため、しっかりケアすることが大切です。  

妊娠線の対策!

一度できると消えない妊娠線。そのため、妊娠線は予防が何よりも大切。それでは、どのようにして対策していけばよいのでしょうか。

 

1.急激に太らない

ある程度ゆっくりおなかが大きくなるのであれば、皮膚もそれに対応することができるので、妊娠線はできにくくなります。そのために、急激に太る事を控えなければなりません。

  

急激な体重増加を防ぐには、食事の管理が重要です。妊娠中の体重増加はなるべく7~10キロ以内に抑えて下さい。

また、中期の頃は、つわりが終わりたくさん食べたくなる時期かもしれません。しかしたくさん食べてしまうと、急激な体重の増加に繋がりますので、しっかりとコントロールしましょう。

 

2.乾燥させない 

皮膚の乾燥で出来やすくなるため、しっかりと保湿するようにしましょう。

またマッサージをすると皮膚がやわらかくなり、柔軟性が上がることで妊娠線の予防に繋がります。保湿やマッサージには、妊娠線専用のクリームがオススメです。 

 

【体験談 Pick Up】しっかりケアしたら妊娠線ができなかった!

投稿者:あちゃこ さん 20代

こんにちは(^^)2人目妊娠中9ヶ月の妊婦です! 私も1人目の時、妊娠線が出来てしまいました(;_;)その時は私もクリーム塗りたくってただけで、満足してたんです。 2人目妊娠発覚時、「これ以上妊娠線を増やしたくない!」と思い、色々調べました(笑)

すると、オイルでマッサージ&化粧水などでケアが効果抜群との事!(^ ^) 妊娠線は、表皮の奥の「真皮」が裂けてしまう事で表面に赤紫の線がでてくる、という仕組みらしいのです。。

クリームや化粧水などは表皮の保湿に効果的だそうですが、真皮まではとどかず、妊娠線のケアには物足りないみたいですね。なので化粧水やクリームを塗る前に、オイルマッサージをすることで、保湿成分を真皮にまで浸透させる事が出来るみたいですよ(^^)

妊娠中期頃からケアを始めて、9ヶ月後半の今も、新しい妊娠線はできてません(^O^)v 出産後も塗り続けると、出来てしまった妊娠線も、目立たなくなるとか…(≧∇≦) 多分、1度出来始めてしまうと 進行は止められないんじゃないかな〜と思いますが…(;_;)何もしないよりはオイルマッサージ、おすすめします!! ちなみに私は、無印良品のホホバオイルを愛用しております☆ ケア大変ですけど、頑張りましょう(;_;)☆

 

妊娠線専用のクリームとは

広く一般的に利用されており、妊娠線ケアの王道。なかには、発売されてから十数年の販売実績があるものも存在します。

  

お値段は普通の保湿剤に比べて高め。何故なら、成分のほとんどがオーガニック、デリケートな妊娠中のお肌にやさしい、などといった美容成分や保湿力を妊婦の肌質に合わせているから。

使い心地はのびがよく、ぬった後もべたつかないクリームが人気です。

 

妊娠線専用のオイルもある

クリームほど種類は多くありませんが、近年利用者が増えてきているのが妊娠線専用のオイル。精油配合でお肌にやさしく、効果が高いと言われています。

また、美容液として妊娠線以外のボディケアにも使えるものもあるそう。

独特の香りがあるものや、オイルのベタつきが気になるなど、オイルは好き嫌いがわかれるかもしれませんね。

 

保湿さえきちんとできればそれでいい、という考えの人は妊娠線専用ではない、普通のボディケア用クリームなどを使用する人も。比較的安価で、普段使い慣れているものであれば、お肌がかぶれたりする心配もないでしょう。

 

妊娠線防止マッサージ

それでは、クリームやオイルを使った妊娠線の予防マッサージを紹介します。

妊娠中のお腹はデリケートなので、赤ちゃんをやさしく撫でる気持ちでやってみてくださいね。

 

1.オイルやクリームを手にたっぷりと取ります。

2.お腹に大きな円を描くように、やさしく撫でましょう。

 顔のクレンジングをする時のイメージで、押さえつけないようにするのがコツ。

3.次は小さな円を描くようにマッサージ。

 おへその周りから、ウエストのくびれまでゆっくりとマッサージしましょう。

4.最後は右手を左下腹部に当て、右わきに向かって引き上げます。

 反対も行い、左右を繰り返しながら行いましょう。 

  

保湿やマッサージは毎日行うことが大切。

お風呂あがりや就寝前など、毎日決まった時間にやると続けやすいですよ。

  

出産までしっかり妊娠線予防ケアを

妊娠線を必ず予防できるという方法は今のところ存在しないようです。しかし、妊娠線ができなかった人は、保湿やマッサージなど何らかの妊娠線予防ケアをしていたケースが多いのも事実。

赤ちゃんが誕生するまで大きくなり続けるお腹。妊娠線が出来ないように最後の最後まで気を抜かずにしっかりケアしましょう!

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠線に関する記事

「え!?こんな所にまで!?」乳房に出来た妊娠線!妊娠線ケア方法

妊娠中の体重増加によってお腹や腰、ふともも、足の付け根などに妊娠線ができてし...

早めケアで妊娠線予防!手軽な7つのケアとママたちの体験談を紹介します

妊娠が進むにつれ、赤ちゃんの成長が嬉しい反面、大きくなるお腹と共に、気になる...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

妊娠線の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る