カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 検査 >
  5. 妊婦検診、赤ちゃんのために未受診はダメ!項目や助成制度を知っておこう!

妊娠・出産

妊婦検診、赤ちゃんのために未受診はダメ!項目や助成制度を知っておこう!

市販の妊娠簡易検査や基礎体温によって妊娠していると分かったら、産婦人科へ行きましょう。予定日や、赤ちゃんの状況、これからの生活についてなどを聞く事が出来ます。単なる検診だからといって検診を受けないということがないようにしましょう。

 

産婦人科への受診回数

母胎が安定する安定期まで(妊娠4カ月くらいまで)は、2週間に一度くらいの検診が必要です。安定期を迎え、母胎共に安定している場合は、4週間に一度の検診になります。

 

 

いよいよお腹が大きくなり、子宮口も柔らかく開いてきたら1週間に一度見せに行く事になります。産婦人科や母胎の状況によって様々ですが、だいたい平均するとこの様な検診回数です。

産婦人科の検診費用

検診の内容によって、自費負担になるものと公費負担になるものがあります。

近年では母子手帳交付時に、受診票を受け取ります。この受診票が公費で受けられる補助券の様な役割です。

基本的に妊娠時に最低限必要な血液検査(風疹の抗体など)は、公費で受けられます。

検査費用や入院費用など不安な事があれば、産婦人科の会計窓口に問い合わせてみましょう。

 

どんな検査をする?

周期によって異なりますが基本的に行う項目は下記の通りです。

母胎に何らかの異常がある場合は、追加で他の検査が行われます。

 

・尿検査、血圧

この検査は、毎回定期検診時に行う所が多いです。妊娠時高血圧症候群になっていないかをチェックする為でもあります。

※妊娠時高血圧症候群は、血圧の上昇・タンパク尿の症状が現れます。ひどくなる流産や早産を引き起こしかねない、重大な病気です。

 

・測定

子宮が大きくなっているか、腹囲と子宮底長(恥骨から子宮の上まで)を測定します。

 

・血液

貧血、血液型、風疹の抗体、血糖値の検査等を行います。早めの処置にが必要な場合もあるので、妊娠中には全部で2~3回ほどの血液検査を実施します。

 

・感染症

主に性感染症などの感染症を調べます。

私たちにとってはあまり症状のない病気でも、胎児に感染すると流産や早産を引き起こしたり、脳障害を起こす事もあります。

 

・エコー

赤ちゃんの成長具合を確かめる方法です。お母さんもこれを見るのが楽しみではないでしょうか?

先生が見るポイントは赤ちゃんの大腿骨を測り、きちんと成長できているかどうかを見ます。また、心臓の動きや、器官の発達など細かいチェックをします。

 

検診未受診の妊婦の現状

妊娠を報告できずに安定期になっても母子手帳すらもらっていない、妊娠したけど毎日の生活がやっとで、お金のかかる検診は行くことができない、そんな事情から検診を受けていない場合があります。妊娠中はいつどんなトラブルが起こるか予測がつきません。制度があることを知っておくことで、リスクを少しでも減らすことができます。

 

 

赤ちゃんが元気に産まれてくれる様に、病院では様々な検査をします。ですので、子の妊婦検診はとても重要な事なのです。異変に早く気付き、対処する為にも、決められた通りに受診をしましょう。 

(イラスト: by //www.fumira.jp/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

妊娠したかも?と思ったらまずは病院へ!~検診の頻度や定期検診の流れ~

生理が遅れたことで妊娠かな?と感じたり、妊娠検査薬で陽性が出たら、まずは産婦人...

初期とその後で方法が違う~超音波検査

  妊婦検診で毎回受ける検査のなかに「超音波検査」があります。専用の器具から発...

検査の体験談

産婦人科での検診が苦痛(:_;)

子どもを妊娠したら、定期的に検診が必要ですが、私はその検診での内診が苦痛でたまりませんでした。 羞...

意外とかかる妊婦検診の費用!感染症や貧血、糖尿病検査は高い

毎回赤ちゃんの状態が確認できるので、妊婦健診に行くのがとても楽しみです。 ただ補助券が出るとしても...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る