カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 妊娠中のカフェインはNG?デカフェは?胎児への影響とカフェイン製品について知っておこう!

妊娠・出産

妊娠中のカフェインはNG?デカフェは?胎児への影響とカフェイン製品について知っておこう!

コーヒーカップ

妊娠中にカフェの入った飲み物はよくない…と聞いたことはありませんか?カフェインがなぜいけないといわれるか理由を知っていますか?

カフェインのもたらす影響について見ていきましょう。

 

カフェインとは?

カフェインは主にコーヒーやお茶に含まれています。中枢興奮や強心作用、良尿作用、胃液の分泌を促す作用があります。

具体的には、集中力や記憶力を高めたり、眠気覚まし、ダイエット、リラックスに効果があります。

しかしこのカフェインには、依存や中毒の性質があることが確認されています。

 

カフェインの胎児への影響

妊娠期間中にカフェインを控えましょうと言われるのには、胎児への影響です。カフェインを大量に摂取する事で、胎盤を通じて胎児にもカフェイン特有の効果が現れます。

 

特に体の小さな胎児にとっては影響が確実に現れているわけです。しかし、そのカフェインの影響が生後もどこまで続くのかははっきり分かっていません。

効果も心配ですが、カフェイン摂取による血流の減少が深刻な問題です。

低体重や流産、早産のリスクが高まってしまうので、なるべくならカフェインは控えるべきです。

 

妊娠中のカフェイン摂取

一日に8杯以上のコーヒーを飲んでいる妊婦さんは、胎児に影響があると思われます。しかし、一日1~2杯程度であれば、リラックスの為にも良いでしょう。

 

カフェインは主にコーヒーに含まれていると思われがちですが、紅茶はコーヒー以上のカフェインを含みます。また、緑茶やウーロン茶はコーヒーの半分程度です。

気になるようであれば、お茶の代わりにノンカフェインの麦茶などが良いでしょう。

 

ノンカフェイン・デカフェならOK?

最近はコンビニなどでも、こういった製品を見かけるようになりました。

様々な言われ方がありますが、ノンカフェやカフェインゼロの場合は全くカフェインは含まれず、デカフェの場合、もともとカフェインが含まれるものから、カフェインを抜いた状態のものをさします。

 

例を挙げると、麦茶やほうじ茶などはノンカフェイン、コーヒーや紅茶などもともとカフェインが含まれるものから抜いた製品がデカフェ製品となります。

 

デカフェの場合、ほぼカフェインは抜かれていますが、微量にカフェインが残っている状態です。が、ごく微量なため、妊娠中でも影響がないとされています。

 

神経質になる必要はないですが、かわいい赤ちゃんの為にうまく代替製品なども取り入れられるといいですね。 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

妊娠・授乳期は香辛料(スパイス)を使わないほうがいい?産後にいいスパイスとは

「妊娠中はスパイスを控えるべき」と言われていますが、どのスパイスも使ってはい...

胃腸の働きを回復させ、自律神経を整える!妊娠中の食事

妊娠中の夏バテは本当に辛いですよね。お腹が大きくなればなるほど、夏の暑さは辛...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る