カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腰痛 >
  5. 妊娠をきっかけに腰痛が悪化!?

妊娠・出産

妊娠をきっかけに腰痛が悪化!?

 

元から腰痛持ちだった方も、初めて腰痛になる方も、必見です。
腰痛は、きちんとした対処をしておかないと、産後にも影響します。
産後は子育てや家事、目まぐるしく忙しい日々が待ち受けています。
腰痛が悪化するとその、産後の生活にも影響を及ぼします。
予防や対処方法を知って、備えておきましょう。

 

妊娠中の腰痛には二種類があります。


一つは妊娠によるホルモンのバランスが影響しています。もう一つはお腹が大きくなってくるための腰への負担からくる腰痛です。
この二つを詳しくみてみましょう。

 

1.ホルモンからくる腰痛


妊娠初期から分泌されるリラキシンというホルモン物質が、大きく関わっています。
このリラキシンは、出産の際にとても重要なホルモンです。
赤ちゃんが狭い産道を通って出てくる際に、骨盤のじん帯を緩め、スムーズに出てきやすくしなければなりません。
この骨盤のじん帯を緩める役割をリラキシンがします。
しかし、じん帯を緩めてしまうと周囲の筋肉や関節に負担がきてしまい、腰痛を発症します。

この腰痛の場合は、ホルモンの分泌減少する事で治まります。

 

2.大きなお腹からくる腰痛

 

妊娠後期になると、お腹が大きくせり出します。この大きなお腹とのバランスを保つために、体勢がおかしくなってしまいます


妊婦さんは腰を反らせていませんか?
この体勢が、筋肉への負担を増加させます。
この腰痛はない方もいらっしゃいますが、昔から腰痛持ちだった方は、悪化する恐れがあります。
腰痛は、足の太もものしびれ等を招きます。

 

腰痛を予防する


腰痛は筋肉の緊張から血行不良になっている為に起こります。
腰痛でじっと動かないでいると、更に血行不良を招き、腰痛が悪化します。
腰痛がひどくならない為にも、適度に体を動かして、腰周囲の筋肉の血流を良くしておくことが必要です。


今はまだ腰痛がない方も、早めに体を動かしておきましょう。
しかし、妊娠初期は母胎共に安定していません。
妊娠中期頃から、胎児の成長が安定し、先生から適度に体を動かす事を進められます。
この時期からが、体を動かす時期と考えて下さい。

 

 

(イラスト: by //www.fumira.jp/cut/baby/file128.htm)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

「足の付け根の痛み」の正体は円靭帯だった!痛みがラクになる方法まとめ

妊娠中に足の付け根が痛くなることはありますか?ただでさえ体の変化でつらい妊娠...

妊娠中のつらい腰痛の原因は?座り方・寝方など、姿勢の予防法もご紹介!

妊婦さんの半数以上の人が、腰痛や骨盤痛に悩まされています。 妊娠中の生理現...

腰痛の体験談

なんとかしたい、つらーい腰痛!妊娠中の対策

お腹が大きくなるにつれて、 歩いたり座ったりする体勢が変わり、 腰痛に繋がってしまうことがありま...

妊娠中の恥骨痛対策!トコちゃんベルトやウォーキング、ストレッチ

朝、布団から起き上がる時や椅子から立ち上がる時にお股に鈍痛が(^◇^;) 最初は筋肉痛のような感じ...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る