カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腰痛 >
  5. 妊娠中の腰痛が悪化しやすい体勢はこれだ!腰痛を悪化させない4箇条

妊娠・出産

妊娠中の腰痛が悪化しやすい体勢はこれだ!腰痛を悪化させない4箇条

妊娠中のトラブルには『腰痛』がつきものです。ほとんどの妊婦さんが腰痛を経験しています。腰痛は、軽度のものから動けない程辛いものまで、痛みの感じ方はバラバラです。

では、なぜ妊娠中に腰痛が起こるのでしょうか?腰痛にならないための対処法をご紹介します。

 

腰痛には2種類ある

腰痛には大きく分けて二種類があります。ホルモン物質リラキシンの影響と、お腹が大きくなったときの姿勢からくる腰痛です。

妊娠初期から分泌されるリラキシンというホルモン物質は、赤ちゃんが狭い産道を通って出てくる際に、骨盤のじん帯を緩めスムーズに出てくる為の物質です。

しかし、じん帯を緩めてしまう事で、周囲の筋肉や関節に負担がきてしまい、腰痛を発症してしまうのです。 

 

腰痛からくる症状

妊娠中の腰痛からくる症状には以下のようなものがあります。

・以前からあった腰痛の痛みが更に増した

・骨盤付近の痛みや違和感

・お尻や太ももの痺れ

・腰が重く感じる

 

このような症状をなくすためにも、まず腰痛を悪化させないことが大切ですよね。 

 

腰痛を悪化させないために

●前傾姿勢の時間を減らす

アイロンや掃除機を使う際は主に前傾姿勢になりますので、妊娠中は旦那さまにやってもらってはいかがでしょうか。また、物を拾ったりする際も気をつけましょう。

 

●立って長時間の仕事をしない

洗いものや食事の準備と腕長時間台所へ立つ際は、休憩をはさみましょう。台所に椅子を置いておくといいですね。

 

●腰回りを冷やさない

腰周りを冷やすと、腰回りの筋肉の血流が悪くなり、腰痛が悪化する恐れがあります。

 

●適度な運動

適度な運動をする事で、腰回りの血流がよくなり、痛みの緩和につながります。 

 

おすすめなのは骨盤サポーター

どうしても痛みが和らがない、辛くて何もできない、といった場合には医師へ相談しましょう。妊婦用の腰痛を予防する為の骨盤サポーターがあります。

 

腰を支える土台をしっかり支える為にも、骨盤をギュッと固定する事が必要です。このベルトは使い方にも注意が必要ですので、購入を検討している事を医師へ相談してみましょう。

また、軽い腰痛の場合は、妊娠中の腹帯でも和らぎます。

 

妊娠中の腰痛は、出産と共に和らぎます。もう少しの辛抱です。がんばって乗り切りましょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●肩こりや腰痛はなるべく避けたい!妊娠中期の楽な姿勢について

●【妊娠初期】ひどい腰痛は流産の兆候?

(Photo by http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

アロマテラピーで腰痛・肩こり改善!マタニティマッサージについて

妊婦さんの腰痛や肩こりのトラブルは必ずと言っていいほど起こります。最近、妊...

妊娠中は着けたい骨盤ベルト!必要性は?つわり時期でも大丈夫な妊婦向け腰痛サポーターも紹介!

骨盤ベルトは産後の体型戻しというイメージが強いかもしれませんが、実は妊娠中か...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る