カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. おっぱいの病気に注意! 乳腺炎はじゃがいも湿布で対策を!

妊娠・出産

おっぱいの病気に注意! 乳腺炎はじゃがいも湿布で対策を!

生後すぐから、出来る限りの母乳育児を推奨します。
母乳育児推奨の理由としては、

・栄養面が優れている

・免疫が多く含まれている

・赤ちゃんが安心する

・お母さんの精神安定

以上の効果があるからです。


とてもいいことづくめの母乳育児ですが、気をつけなければならない事があります。
それは、おっぱいのトラブルです。

 

うつ乳

おっぱいが詰まってしまい、固いしこりができてしまいます。
母乳が出る腺は、いくつもの腺が乳頭に向かっています。その為、おっぱいが出にくかった腺のところでおっぱいが詰まってしまい、しこりができます。
時には痛みを伴うものもあります。


→対処法

詰まっている箇所を押さえながら母乳をあげてみましょう。
すると、詰まっていた箇所のおっぱいがでやすくなり、しこりが解消されるでしょう。むやみやたらに揉んで治すという事はしないでください。
腺婦人科でマッサージのできる助産師さんに頼むとよいでしょう。


又、おっぱいをあげるときの赤ちゃんの抱き方を工夫して防ぐようにしましょう。
いつも同じ抱き方で抱いていると、同じところの腺ばかりから母乳が出て、出にくいところは詰まり易くなってしまいます。

 

乳腺炎

うつ乳から起こる炎症です。うつ乳がひどくなり、細菌感染を起こしてしまう状態です。炎症部分は赤くはれて、猛烈な痛みを伴います。
発熱がある事もあるでしょう。


→対処法

痛みが我慢できるようであれば、そのまま母乳をあげてみましょう。
赤ちゃんが飲む量に対し、おっぱいが大量に出ている場合には、搾乳をして様子をみましょう。
しかし、あまり絞り過ぎもよくありません。
刺激があり過ぎて、更におっぱいが作られてしまい詰まるという悪循環になってしまいます。

 

乳腺炎の痛みがひどい場合の対処法「じゃがいも湿布」


軽い痛みの場合は、少し患部が熱いなと感じる程度です。
この際は、水で濡らしたタオルをあてて様子を見ましょう。


しかし、痛みがひどくなり、患部が赤くはれた時は要注意です。
すぐに冷やしましょう。しかし、冷たく冷やしすぎも良くありません。
程良く冷やす方法として昔からある『じゃがいも湿布』をご紹介します。

 

じゃがいも湿布の作り方&使い方
1・じゃがいもを摩り下ろします。そして小麦粉で適当な硬さにします。
2・ガーゼやキッチンペーパーに1センチぐらいの厚さで塗ります。
3・このガーゼ面をおっぱいに当て、冷やします。
4・汚れて心配な場合は、上からガーゼを当て挟み込むとよいでしょう。5時間ほどで貼り変えましょう。

 

授乳中はおっぱいのトラブルがつきものです。
産婦人科には必ずおっぱいに詳しい助産師さんがいらっしゃいます。
是非相談してみてはいかがですか?

 

 

 

 

(Photo://www.ashinari.com/2010/04/25-036108.php

 

 

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

お腹の子供のためにも水痘予防!

産道感染によって感染することが多いですので先天性水痘症候群は起こりにくいので...

感染症の影響で、胎児が小頭症になる?!中南米で流行流の「ジカ熱」にご用心!

妊婦さんは妊娠中の「感染症」に注意していることと思います。 不用意に薬を飲めな...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る