カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 出産準備 >
  5. スリングを知ってますか?スリングや抱っこ紐選びに気をつけること

妊娠・出産

スリングを知ってますか?スリングや抱っこ紐選びに気をつけること

スリングは、大きな布で、二つの金属の輪っかがついている抱っこを補助するものです。赤ちゃんをすっぽり包めるので、首の座っていない生後早い時期から使用できます。そして、3歳くらいまで抱っこをするのに使用できます。

 

スリングのメリット

・コンパクトになる

・すぐに洗える

・寝かせやすい

 

スリングのデメリット

・両手があかない

・おんぶして家事をし辛い

 

では、特にメリットの『寝かせやすい』に注目してみたいと思います。スリングに入った赤ちゃんは、お腹の中にいたころの姿勢と同じ様な状態になります。

 

赤ちゃんはとてもリラックスするそうです。そして、赤ちゃんが寝た場合、寝かせやすいのが特徴です。輪っかを外せばただの布なので、少しづつ輪っかの布を引っ張りながら緩めて寝かしつけることができます。

 

スリングだけでは限界?

首が据わった頃になると、家事をする際におんぶしてしたりする事が多くなります。

その際に、スリングではできません。あくまでスリングは抱っこをする補助的なものです。両手を使えるものと言ったら、おんぶ紐や抱っこ紐でしょう。

 

スリングや抱っこ紐は、妊娠中に購入するよりも産後の状態を見てが良いでしょう。

その子に合ったものを購入するようにしましょう。ポイントとして、忙しいのにいつも泣いているような子には抱っこ紐がお勧めです。

 

スリングでは片方の手がふさがってしまうからです。しかし、寝かしつける程度であればスリングが良いでしょう。デザインもとてもおしゃれなものがたくさんあります。

楽しんで育児が出来る様、素敵なスリングや抱っこ紐と出会えるといいですね。

 

 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産準備に関する記事

【里帰り出産】事前の手続き~旦那のための準備~里帰出産からいよいよ帰宅!

産後6週間は母体に負担がかからないように安静が必要です。 身近に頼れる両親...

里帰り出産からいよいよ帰宅!

  帰宅の時期 赤ちゃんにとって、体力面だけでなく、衛生や免疫力の面から...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

出産準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る