カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. メタボならば朝食と油に注意!

生活習慣病

メタボならば朝食と油に注意!

 

自分の食習慣は正しくできていると自信を持って言えるでしょうか?肥満解消のためにしていることが間違っているなんてことはないでしょうか?

 

 

朝ごはんは食べる?食べない?

朝ごはんを食べないというダイエットが一時期流行したからか、肥満解消に朝食をぬいて脂肪を落とそうとする場合があります。そうでなくても、朝は食欲がわかないから食べられなかったり、時間がないから朝食を抜くと言う人は割合多くいるようです。しかし朝ごはんを食べないということは2つの意味で危険な点があります。

・昼食を食べすぎる…朝の時点ではお腹がすいていなくても、昼になるとお腹がすきすぎてしまって、必要以上にご飯を食べてしまう危険があります。

・夕食を食べすぎている可能性…朝にお腹がすかないということは、夕食を食べすぎている可能性があります。

朝ごはんは午前中の活動を支えるエネルギーになります。三食を一定のリズムで食べることで血糖値の変動幅が小さくなる効果もありますし、朝ごはんは食べた方が賢明です。

 

油を摂取していい?

油といっても摂取してよいものと悪いものがあります。摂取してよい油はオリーブオイルやキャノーラオイルで、これらには動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを下げる効果があります。逆にバターやマーガリン、トランス脂肪酸などは悪玉コレステロールを上げる働きをしますので、なるべく避けたい油です。外食などでは気にしづらいですが、自分で調理する場合はオリーブオイルやキャノーラオイルなどを積極的に使用しましょう。

 

  

単純なダイエットとメタボリックシンドロームの予防では少し意味が違います。体重や腹囲を落とすことと共に、コレステロール値なども気にするようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/01/09-032637.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

黒ウーロン茶とコーヒーで中性脂肪対策!

  中性脂肪量が血液中に増えてしまうと、血液がドロドロになり血液の流れが悪...

「3食規則正しく」「ゆっくりよく噛んで」…でも●●な人は食べ過ぎになるから注意!

  メタボリックシンドロームの予防に、食生活の見直しは欠かせません。 もちろ...


菓子やアルコールは当たり前!本当に知ってる?肥満につながりやすい食品

  年齢が上がってくると、若い頃と同じ食生活を送っていても、脂肪がつきやすくな...

食生活でメタボ予防!押さえておきたい5つのポイント

  メタボリックシンドロームは生活習慣病を引き起こしたり、生活習慣病と併発する...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る