カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 普段の食事に一工夫を!簡単に行える、4つの改善策

生活習慣病

普段の食事に一工夫を!簡単に行える、4つの改善策

 

メタボリックシンドロームの予防策として食生活の見直しは基本であり、最も重要なポイントの一つです。自分が摂取したものが自分の体を形作るわけですから、自分の食生活に不安がある場合、自分にできる改善策からとりいれてみてください。

 

 

・炭水化物をとりすぎない

炭水化物とは糖質と食物繊維の総称です。体を動かすエネルギーになる一方で、過剰にとりすぎると中性脂肪になり、肥満や糖尿病の原因になります。

 

・和食か洋食か

和食か洋食かを選ぶとしたら、もちろん和食を選んだ方がよいでしょう。というのも、和食は比較的脂肪の少ない料理が多いからです。しかしこの中でも注意したいのが味噌汁や漬物で、これらは塩分が多く含まれるため、食べ過ぎには注意しましょう。

 

・もも肉ヒレ肉かバラ肉ロース肉か

基本的にメインとなる食材は豆腐などの植物性たんぱく質か、魚をメインにしたいですが、肉を食べる際はその種類に気を使ってみてください。なるべく高脂肪のロースやバラ肉を避け、低脂肪のヒレやもも肉を選択します。鶏肉なら皮を除いてしまえば、カロリーが半分になります。

 

・主食で食物繊維を考える

主食となる炭水化物は1回の食事でたくさん食べるので、食物繊維をとりやすいものです。食物繊維はコレステロール値を下げるのに効果的ですから、メタボリックシンドローム対策としては欠かせません。白米よりも雑穀米、また、食パンよりもライ麦など雑穀入りのパンうどん、そして主食として食物繊維が多いのがそばです。ただしそばやうどんは他のおかずとのバランスがとりづらいため、注意して摂取することが必要です。

 

 

家での食事でも外食でも、ちょっとした選択でメタボリックシンドロームの予防ができます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/18-008475.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

黒ウーロン茶とコーヒーで中性脂肪対策!

  中性脂肪量が血液中に増えてしまうと、血液がドロドロになり血液の流れが悪...

メタボを予防するためには、まずは食生活の行動パターンを確認してみよう!

  メタボリックシンドロームの予防には生活習慣の改善、その中でも特に食生活の習...


「3食規則正しく」「ゆっくりよく噛んで」…でも●●な人は食べ過ぎになるから注意!

  メタボリックシンドロームの予防に、食生活の見直しは欠かせません。 もちろ...

メタボにはじゃがいもが効く!オススメのレシピ「じゃがいものクリームグラタン」

【レシピ】じゃがいものクリームグラタン   最近は、じゃがいもに含まれる「オ...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る