カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. メタボのために積極的に摂取したいもの

生活習慣病

メタボのために積極的に摂取したいもの

メタボリックシンドロームの食事療法は、どちらかと言えば制限されることが多いように感じている人も多いのではないでしょうか。油の多いものはダメ、コレステロールはとりすぎないなどと禁止事項ばかり目にしていると、気持ちの面で下向きになってしまっても良くありません。

 

ここではメタボリックシンドロームの食事療法として積極的に食べたいものを挙げてみます。

 

雑穀

雑穀米や雑穀のパンは、手軽に手に取りやすくなってきました。きれいに精製されているものよりも雑穀が含まれている方が、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維はコレステロール値を下げる効果や、血糖値の変動幅を緩やかにする働きがあります。

 

普段食べる白米やパンを雑穀入りにするだけで、手軽に効果を得られます。

 

野菜・果物

カロリーの問題のみならず、野菜や果物は積極的に摂取したい食べ物です。野菜や果物に含まれる水溶性食物繊維は、コレステロール値を改善する働きが特に高いものです。また、カリウムが豊富に含まれているものも多いため、血圧が高い場合、これの改善効果も期待できます。

 

青魚

青魚に含まれる脂質にはコレステロールを改善する働きがあります。メインとして食べるのであれば、肉の脂質を摂取するよりも、魚の脂質を摂取した方がよいです。

 

アーモンド・カシューナッツなど

ナッツ類に含まれる脂質はコレステロール値の改善に効果を発揮します。ナッツ自体はカロリーが高いので、大量に食べることはおススメしませんが、間食がやめられないときなどの、ちょっとしたスナック感覚で食べるときにはおススメです。

  

 

コレステロール値のコンロトールはメタボリックシンドローム改善においては非常に重要です。食材にはコレステロール値を高くするものも、低くする作用があるものもありますから、それらを上手に食事の中に取り入れていきたいですね。   

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

腸内環境を整えて病気を予防しよう!大腸の菌の割合を適切にする健康食品

  人間の健康には大腸の菌の割合が関わってきます。この菌の割合が崩れると大...

あなたの適正エネルギーは?

  あなたの体形は1日何キロカロリー摂取してよいでしょうか?男性や女性の一般的...


水は1日2L以上飲めば本当に代謝が上がるの?代謝を上昇させる水の摂取方法

  よくダイエットの水分摂取方法として水は1日2L以上飲むことが挙げられて...

抗酸化成分が豊富!「豆苗と厚揚げのボリュームヘルシー炒め」

「豆苗(とうみょう)」。みなさんは食べたことありますか? 読んで字のごとく...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る