カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. 食生活を改善するために意識すべきこと 今日から変えられる3つのポイント

生活習慣病

食生活を改善するために意識すべきこと 今日から変えられる3つのポイント

 

メタボリックシンドロームという診断がされたら、まず行われるのが生活習慣の改善指導です。この改善指導は食事療法と運動療法をあわせて行いますが、治療の基本となるのはやはり食事療法で、毎日の食生活を一つ一つ見直していくことになります。

 

 

食の思い込み

メタボリックシンドロームになった人の中には、食に関して誤った思い込みを持っている人が少なくありません。最初は自分の食習慣を顧みて、食に関しての自分の行動を確認し、考えを変えていきます。たとえば、

必要以上に満腹感を得ようと食べている

食べないと体に悪いと思っている

これらの考えを持っている場合、それを変えていきます。

 

三食以外

朝昼夜の三食の食事以外に、清涼飲料水を過剰に摂取したり、缶コーヒーを何杯も飲んでいたり、スナック菓子を夜食として摂っていた場合、その時点ですでに摂取カロリーが制限範囲を超えている場合があります。また、間食の多い食生活は必要な栄養素も不足している可能性があります。そのため三食以外の間食をなくし、規則正しいリズムを刻んで食事をとるようにしていきます。

 

腹七分目でゆっくり食事

朝昼晩すべての食事に置いて、腹七分目で食事をやめるようにします。さらに食事をとる際は、なるべく時間をかけて、食べ物をゆっくりよく噛んで食べます。そうすることで消化が良くなりますし、たくさん噛むことで満腹中枢が刺激されて脳が「お腹いっぱい」の状態を感じやすくなります。

 

 

肥満気味の人は、食事に対する認識が、すこし一般的なものとずれている場合があります。まずはそこを認識することで、その後の食事療法にスムーズに移行できます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/07/19-005483.php?category=34])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

食物繊維でメタボの予防と改善

  男性でも女性でも年齢が上がるにつれて、メタボリックシンドロームによって、健...

ダイエットのための食材選びのポイント!~メタボ改善のための食事療法~

  メタボリックシンドロームや生活習慣病を防いだり、体型をきれいに保つため...


異所性脂肪は落ちやすい!この異所性脂肪への効果的な対策はふたつ「食事」と「運動」

  日本では今、「太っていないのに生活習慣病になる人」というのが急増している一方...

生活習慣病の予防・改善に役立つ成分をたくさん含む魚介類

  魚にはたくさんの健康成分が含まれています。その中には中性脂肪を減少させ...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る