カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. あなたの適正エネルギーは?

生活習慣病

あなたの適正エネルギーは?

 

あなたの体形は1日何キロカロリー摂取してよいでしょうか?男性や女性の一般的なカロリー数値はありますが、それはあくまで一般的な数字であって、年齢や体型、性別などが違えば当然、1日に摂取するべきカロリーも変わります。摂取するカロリーが多すぎると肥満の原因になりますし、少なすぎると栄養が足りず、健康な状態を保つことができなくなります。まずは1日に自分が摂取するべきカロリーを知りましょう。

 

 

まずはチェックBMIBody Mass Index

BMIとは肥満度を測る、国際的に用いられている指標です。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMI18.5未満…低体重

BMI18.525未満…普通体重

BMI2530未満…肥満1

BMI3035未満…肥満2

BMI3540未満…肥満3

BMI40以上…肥満4

このBMI値は22のときが最も病気にかかりにくいとされています。これで肥満度が分かります。

 

次に理想体重を確認

理想体重(標準体重)(kg)=身長(m)×身長(m)×22

これで自分の理想体重を知りましょう。今の自分の体重と比べてみてください。

 

最後にカロリー算出

適正エネルギー(kcal)=理想体重(kg)×2535

BMIで肥満と出た場合、あるいは高齢者、女性、普段運動量の少ない人、筋肉が少ない人はエネルギー消費を少なめに設定する必要がありますので、「2535」の部分で少な目に調節します。

 

 

体格などの個人差によって人が消費できるカロリーは異なります。自分が消費できるカロリーを知ってから、食生活のカロリー計算をしてみるとよいのではないでしょうか。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/02/15-033728.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

食事の前に食べてダイエット!これを食べて太りにくい毎日の食事を太りにくいものに変えよう!

  脂肪の蓄積は健康障害にもつながることですし、見た目の悪さが気になってしまい...

"肥満を防ぐ"果糖に中性脂肪を増やす作用があった!成分表示で果糖の量をチェックして!

今、果糖のとりすぎに警鐘が鳴らされているのを知っているでしょうか。 果糖はこれ...


生活習慣病を改善する脂肪細胞!温州ミカンが脂肪細胞に効く?

生活習慣病に深く関係しているのが、脂肪細胞という細胞です。 これは生活習慣病を...

メタボ予防には和食が理想!?バランスの良い食事を参考にしよう!

  今やメタボリックシンドロームの予備軍と言われる人の数は、男性で2人に1人、女...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る