カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. どんな運動もバランスが大切!効果的な運動療法を行おう!

生活習慣病

どんな運動もバランスが大切!効果的な運動療法を行おう!

 

脂肪を落とすには有酸素運動が効果的だということを知っている人は多いでしょう。しかし、それだけを知っていてもメタボリックシンドロームの治療としては不十分ですし、場合によっては逆効果になることもあります。

 

 

ストレッチ

運動療法として上がることがあまりないストレッチですが、運動療法の基本としては大切です。ストレッチは運動をする前後に必ず行います。運動の前に行うストレッチはけが防止のため、筋肉や関節を十分にほぐす目的で行います。特に普段あまり運動をしていなくて、いきなり運動療法を始めると言う場合は、ストレッチに大きく時間を割いてから運動を行うべきです。また、運動後に行うストレッチは筋肉の疲労回復を早めます

 

有酸素運動

有酸素運動はウォーキングや水泳、サイクリングなどが適しています。少し汗をかく程度の運動で、呼吸が乱れない程度の運動が適しています。理想としては1回の運動で20分以上、毎日続けることが望ましいのですが、継続することが大切です。有酸素運動を行うことでメタボリックシンドロームにおいて重要な、内臓脂肪の燃焼が行えます。

 

筋力トレーニング

有酸素運動だけでは、不十分な場合が多くあります。たとえば加齢によって筋肉量が減っている場合や、普段の運動不足によって筋力が少なくなっている場合には、基礎代謝が低下しています。基礎代謝が低下しているということは、運動をしてもあまりカロリーを消費しないということですから、有酸素運動をしても効率が悪いのです。そのため、筋肉の量を増やしてあげることも重要です。

 

 

運動療法と言ってもバランスが大切です。自分の体の状態を知り、有酸素運動に重点を置いた方が良いのか、筋力トレーニングに重点を置いた方が良いのかなど考えて行うとより効果的と言えるでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/01-354128.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

メタボには腹筋・腕立て・スクワット!正しいやり方でしっかりと効果得て、基礎代謝を上げよう!

  脂肪というのは基礎代謝をUPさせることによって燃えやすくなります。筋力をつ...

肥満・メタボの運動療法は「安全第一」で!

  肥満・メタボの運動療法は、健康的に痩せる理想的な手段です。しかし、場合...


日々の運動で予防できる異所性脂肪…日々の活動を「活動量計」で測定してチェック!

   特別な運動でなくても、人によっては、仕事などで十分に、病気予防につながる運...

運動療法ってどんな効果があるの?運動による5つのメリット

  メタボリックシンドロームの改善として、運動療法は食事療法と共に最初に取り入...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

運動療法の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る