カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 薬物療法 >
  5. 治験段階のシブトラミンの効果と副作用

生活習慣病

治験段階のシブトラミンの効果と副作用

 

メタボリックシンドロームの解消に、薬物療法がメインとなって行われることはありません。それは様々な病気の根本的な原因となる内臓脂肪の減少に作用する薬がないからです。しかし現在注目されているのがシブトラミンという薬です。日本ではまだ未承認の薬ですが、未承認たる理由もしっかりとあります。

 

 

シブトラミンのダイエット効果

シブトラミンは食欲抑制作用が強いということで注目されています。食欲は脳内の視床下部と言う場所でコントロールされています。食前や食中には、脳内ではドーパミンという物質の濃度が高く、食後にはセロトニンという物質の濃度が上がることが知られています。つまり、脳内ではセロトニンの濃度が上がることが満腹感を感じることと同じ意味になるのです。つまりセロトニンの血中濃度が高くなれば空腹感が抑制できると言うことです。

シブトラミンという薬は、放出されたセロトニンが再度細胞に戻るのを邪魔する作用が非常に強いため食欲抑制効果を発揮するということです。

 

危険な副作用

シブトラミンが日本で承認されていない理由の一端に、副作用があります。副作用としては食欲不振や便秘、頭痛などに加え、死亡例もいくつか報告されています。また、血圧が不安定な場合や不整脈を持っている場合などはシブトラミンの使用はできません。

 

 

日本で承認されていない薬ですから、もちろんこれによって健康被害を受けても保障がされるわけではありません。効果が大きいために危険な薬としても良く知られています。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024560.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物療法に関する記事

薬物治療に頼り過ぎは× 食事と運動で気長に続けるメタボリックシンドローム治療

  メタボリックシンドロームの治療の基本はあくまでも、食事療法と運動療法です。...

安易に飛びついてはいけない「やせ薬」

メタボリックシンドロームという言葉を耳にした当初は、あまり良く意味を理解しない...


肥満症治療薬は本当に有効なのか? その危険性は?

                   現在、肥満の治療として国内で認可されて...

メタボリックシンドロームによって起こる高脂血症!高脂血症改善のために利用される薬とは?

メタボリックシンドロームは、動脈硬化を引き起こしやすくします。動脈硬化のリス...

カラダノートひろば

薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る