カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 良く聞く言葉「人工透析」とはいったい何?-役割と人工透析に至るまで-

生活習慣病

良く聞く言葉「人工透析」とはいったい何?-役割と人工透析に至るまで-

 

慢性腎臓病が進行していくと、最終的には腎臓が機能しなくなり、腎不全と言う状態になります。腎臓が機能しない状態は放っておくわけにはいきませんので、人工透析などの処置が必要になります。

 

 

人工透析とは

人工透析とは腎臓の機能を人工的に代替する方法です。腎臓がほぼ機能しなくなる、腎不全の状態に陥った場合でも、人工透析を行えば生活を送れるようになることも多くあります。

 

人工透析に至るまで

慢性腎臓病が進行して腎不全の状態になり、その状態胃が進行していくと、腎臓の働きが正常な状態の10%以下になってしまいます。そうなると、腎臓が体内で出た不要物を無毒化する機能が低下していくため、血中に老廃物や毒素がたまるようになります。これによって尿毒症という病気になり、これを放置してしまうと命が危険にさらされます。こうなってしまうと人工透析によって、血中の老廃物や毒素を取り除かなければなりません

 

人工透析の役割

人工透析は次のような役割を担います。

・腎臓の機能が低下したことによる、血中の老廃物・毒素を取り除く

・尿が正常に排泄されないことによる、体内の水分・塩分を取り除く

・電解質・血液のpHの異常を正常範囲にもどす

 

人工透析の方法は2種類

血液透析

腹膜透析

人工透析にはこの2種類の方法があり、それぞれにメリットがあり、また、それぞれにデメリットもあるので、医師との相談の上決めていくことになります。

 

 

人工透析によって普通の生活を送れるようにはなりますが、通院や食事制限、感染症などの危険性もついてまわります。慢性腎臓病になった場合、これらの可能性をふまえた上で、病気との上手な付き合い方を考えていくべきです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025181.php?category=266])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

CKD進行後、透析の頻度はどれくらい?週3回、1回4-5時間程度でOK

  CKDが進行した状態というのはステージ4やステージ5で、この時期になるとむ...

慢性腎臓病 悪化するまえに食い止めるには!?

  慢性腎臓病が悪化すると、つらく苦しい症状が起こる可能性があります。 これ...


いざというときのために知っておきたい腎移植の費用と手術 高額医療費制度を使える!

  CKDの末期になるといわゆる腎不全状態になってしまうので、腎臓は正しい働き...

慢性腎臓病(CKD)の人工透析副作用を予防する3つの方法

  人工透析は腎臓の働きとまったくすべてが同じというわけではないので副作用が出...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る