カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 血液透析と腹膜透析 それぞれの特徴と問題点

生活習慣病

血液透析と腹膜透析 それぞれの特徴と問題点

腎臓は一度機能が大きく低下すると、自分で回復することはありません。しかし、腎臓がうまく働かなくなってしまうと体の水分調節や、毒素の排出など生命活動を脅かす事態になりかねません。

 

そうなってしまった場合は一般的には人工透析を行い、人の手を加えて腎臓の働きを補います。 

 

血液透析

一般的に選択されるのがこの血液透析です。これは動脈からチューブを介して血液を出し、透析器の中で透析液に不要物を移して血液を浄化し、再び静脈から体の中に戻すと言う方法です。

 

問題点

毎回3~5時間、透析に時間がかかる

針を指す際の痛みや、痕の残りやすさ

透析中は体調不良を起こすことがある

食事制限や水分制限がある

透析が長期間になると合併症の可能性が出てくる

 

腹膜透析

血液透析に対して、腹膜透析と言う方法があります。これは患者自身のお腹の中にある、腹膜を透析膜として利用する方法です。

 

手術によって腹部に穴をあけ、直径5mmほどのチューブを設置します。そしてこのチューブから透析液を注入し、ろ過された不要物が透析液に移り、体内の不要物を除去する方法です。

 

問題点

手術が必要

チューブを常に体内に入れておかなければならない

透析液の交換が手間になる(6時間に1回)

清潔な環境を保たないと腹膜炎を起こすことがある

長期間の継続で、腹膜肥厚、被農性腹膜硬化症を起こす可能性がある

血液透析に比べ普及していない

 

血液透析は、通院と1回につき3~5時間というところに手間がある一方、腹膜透析は通院の頻度も少なく、心臓や血管に与える負担も少なく済みますし、食事制限も血液透析に比べて少なくて済みます。

 

しかし、腹膜透析は手術をするという点と6時間ごとの透析液の交換という手間もあります。両者のメリット・デメリットを比べてみることが重要です。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

良く聞く言葉「人工透析」とはいったい何?-役割と人工透析に至るまで-

  慢性腎臓病が進行していくと、最終的には腎臓が機能しなくなり、腎不全と言う状...

ひょっとして、腎臓病の前兆かも!?悪化すると起きるこわ~い症状

   慢性糖尿病が悪化すると、怖い症状がたくさん起こる可能性があります。 そ...


血液透析とは?-血液透析の方法とその役割-

  慢性腎臓病が進行していくと、腎臓が不要物を無毒化する機能が低下していくため...

慢性腎臓病(CKD)の人工透析副作用を予防する3つの方法

  人工透析は腎臓の働きとまったくすべてが同じというわけではないので副作用が出...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る