カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 腎臓病において、なぜ食事療法が重要なの?

生活習慣病

腎臓病において、なぜ食事療法が重要なの?

 

腎臓病を患っている場合、毎日の食事を腎臓病の症状に合わせて考えることは非常に大切であり、重要です。

 

 

食事で治療?

食事療法と言われると、薬物療法などのイメージと重なって、普段の食事によって病気を治すように考えてしまうかもしれません。しかし残念ながら、食事によって腎臓病が治るわけではありません。メタボリックシンドロームなどであれば、食事制限によって内臓脂肪を落とすことが、病気の改善につながる場合がありますが、腎臓病の場合、病気の進行を遅らせる効果しかありません。しかし、腎臓病は放っておいて治るものでもありませんから、悪化させないということが非常に大切です。

 

透析者の死亡原因

長く人工透析を受けている患者さんの死亡原因では、心不全、脳血管障害、心筋梗塞、カリウム中毒などの原因が多く上がります。これらは普段摂取する栄養素が深く関係するとみられるものばかりです。このことからも、適切な食事療法をしていれば助かっていたかもしれないケースも多くあると考えられます。

 

人工透析による治療が多いため

慢性腎臓病が進行すると、腎臓が生命活動を維持するに足りる機能を果たさなくなり、人工透析を行うケースが多くあります。人工透析は根本的に腎臓を治すものではないため、厳しい食事療法と併せて行っていくことが重要になります。その点でも食事療法は腎臓病とは切り離せないものです。

 

 

腎臓は摂取したものの処理の多くを担っている臓器です。そのため、食事によって負担をかけることも出来るし、負担を軽くすることもできます。自分が摂取するものによって腎臓の状態が左右されますから、食事によって治らないのであっても、食事療法は非常に重要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/05-356645.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

慢性腎臓病の食事で迷ったら?

    慢性時腎臓病の食事療法は、病気のステージで違ってきます。 自分はど...

知っておこう!慢性腎臓病の進行度合いによって注意するステージごとのポイント

  慢性腎臓病の食事療法は、必ず医師の指示の下行うことが重要です。勝手に腎臓に...


腎臓病で摂取制限すべきもの

  食事療法において制限されるものは多くあります。栄養素は目に見えないものです...

カリウム制限、水に溶けやすい性質を利用して摂取制限をクリア!

  慢性腎臓病と診断された場合、薬物療法のほかに食事療法というものも存在します...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る